RippleのXRP建て「初ヘッジファンド」誕生

TechCrunchの創設者Michael Arringtonが(マイケル・アーリントン)は、
RippleのXRP建てのキャピタルファンドの誕生を発表しました。

In a lot of cases, hedge funds focus on Bitcoin and Ethereum. Some even invest in early stage blockchain startups.
The fund, titled Arrington XRP Capital is one of the world’s largest crypto hedge funds and is entirely denominated in XRP.

この基金は、Arrington XRP Capitalと呼び、世界最大の暗号ヘッジファンドの1つです。
今までの多くのヘッジファンドは、
仮想通貨ビットコインやイーサリアムに重点を置いていました。
しかし、このヘッジファンドは、完全にRippleのトークンである「XRP」建てとなります。

「特徴」Rippleの仮想通貨XRPを全て利用

Additionally, the fund will start with $100 million and will use XRP to invest in blockchain technology and asset entities.

ファンドは1億ドルをブロックチェーン技術と資産を有する組織に投資する予定です。

また、ファンドの購入、従業員への給与の支払いなども、「全て」XRPを使用し、
その資産の一部をICOにも投資し伝統的な投資も行うとも伝えられています。

「1年前、私は暗号の愛好家だった」という同氏は、
このファンドで自身の残りのキャリアを仮想通貨に費やすとも、
表明していると報じています。

Significantly, investors will buy shares of the fund and receive distributions in XRP, the native currency of the Ripple Consensus Ledger (RCL) and the fourth largest cryptocurrency by total market cap.

投資家はファンドの株式を購入し、総時価総額で4番目に高いRippleコンセンサス元帳(RCL)の元通貨であるXRPで配当を受け取ることになります。

今後数年間でRipple「XRP」への期待が高まるのか

キャピタルファンドが、それらのすべての資産の中で最も暗号化されていない資産に焦点を当てていることは注目に値する。
リップルの資産は主に財務目的で設計されているため、この規模の資本基金の論理的な候補になります。

Ripple’s asset is mainly designed for financial purposes, which makes it a logical candidate for a capital fund of this magnitude.

ArringtonがXRPを単独で資本基金に使用することを決定したことにより、このデジタル通貨はリアルタイムで透明性の高い安全な取引に最適なユースケースとなります。

Arrington’s decision to solely use XRP to power his capital fund further validates that this digital currency provides the best use case for real-time, transparent and secure transactions.

実際、XRPはクロスボーダー決済のために必要な流動性を提供するだけでなく、チャート上で最も速く、最もスケーラブルで安定したデジタル資産であり、機関投資家にとって最も適切なものとなっています。

In fact, not only does XRP provide much-needed liquidity for cross-border payments, it’s the fastest, most scalable and stable digital asset on the charts — making it the most appropriate for institutional use.

リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏▼

リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏▼

この度のXRPを採用したヘッジファンドの誕生を喜んでいると発表しています。

現在、XRPはコインマーケットでは$0.257829ですが、

XRPはこのニュースで、6月以来初めて0.30ドルの障壁を一時的に打ち破った。

XRP traded up on the news, briefly cracking the $0.30 barrier for the first time since June.

決済(支払い)業界は今までのやり方を変えることなく数十年間も支配してきたとも表現されています。
しかし、現代社会はインターネットが普及し、仮想通貨の登場で視線が集まったブロックチェーンの存在で大きく変わろうとしています。
わたしたちは、支払いが最速、円滑、信頼性があり、低コストであることを望んでいます。
Ripple(リップル)と言えば、利用者だけではなく、こうした金融機関側の大規模な費用をも節約できるとし、数々の金融関連が選択してきました。
新たな角度の違うファンドは、資産の価値を高め、人々の関心を集めるだろうとも期待されている様子です。

関連するまとめ

仮想通貨Ripple(リップル)は他とは違う市場を狙う|金融セクターの革命に重要

Ripple(リップル)は、最近静かな動きですが、他のビットコインやイーサリアムと異なる市場をターゲットにし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 28598 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。