仮想通貨浸透へ「富山の産学が初の実験」

富山県でインテックと富山第一銀行、共同で
「ブロックチェーン技術を応用したイベント内仮想通貨の検証実験」
が10月に行われました。

ビットコインにも使われるブロックチェーン技術を応用した北陸3県で初めての実験だ。
過疎化が進む地域で将来的に現金決済が困難になる事態などを想定し、仮想通貨で地域を活性化する可能性を探るのが狙い。
実験はおおむね成功し、主催した産学連携の研究会は「今後も研究を進めたい」と意気込んでいる。

行われた「富山県ものづくり総合見本市2017」会場イベント内で、
小さな「経済圏」を作り、
出展企業と来場者間で仮想通貨を流通させる」ことを試した。

ブースでギフト券やお茶などの景品を手にした参加者からは
こんな声があがってきたようです。

・「思っていたより簡単だった」
・「実際に使えるようになったら便利だと思う」

仮想通貨の体験を通じて、地域経済圏の新たな決済ツールとしての可能性を探ることが最大の目的だ。

富山県に限らず地方は人口減少などの問題は必ずやってきます。
将来、中山間地では「ATM」の廃止等で
現金決済が主流でなくなる事態も想定される懸念があります。

実際に日本では諸外国と異なり、現金決済が主流の国であるからこそ、
仮想通貨などの決済方法を利用できない場合決済手段が大きく狭まれてしまいます。
将来の予測として、一番困ると思われるのは、
仮想通貨などの手段を使いこなすことが
難しい年配の方だとも言われています。

スマートフォン(スマホ)を基本としたキャッシュレス取引・決済が代替となりうるかや、地域コミュニティでの様々な活動の対価として仮想通貨が機能するかなどの検証につなげる考えだ。

今回の実験の仕組み

参加者は会場でスマホに専用アプリを取り込んで、協賛した102社の企業・団体のブースに立ち寄り、商品やサービスなどの説明を聞く。
その対価として、企業側のタブレットなどから送信を受けるか、ブースに張られたQRコードを読み取るかしてポイントを取得。集めたポイントは、研究会のブースで抽選で景品に換える。

ポイント付与は参加者がブースに立ち寄るきっかけができ、
企業側は、商品やPRやなどで売り上げにも繋がる可能性もあります。
また、主催者側から、訪問者数や送信ポイントの履歴などを
データで受け取ることができ、流れなどもリアルに把握でき運営に活かすことができます。 

3日間の実験でのべ517人が参加した。うち男性は約3分の2。職業別では、あらかじめ参加協力を要請しておいた県内大学の学生が149人おり、そのほかに会社員が224人参加した。

「仮想通貨やブロックチェーンを知るきっかけになったのではないか」と話す。

また、富山第一銀行デジタルイノベーション室の長谷聡室長は、

「QRコードを使った運用が参加者にわかりやすかったようだ。シンプルな仕組みは地域通貨が普及する一つの要件だ」とも指摘した。

課題と今後

ただ、参加者数は見込みの半分にとどまり、「認知度の向上はこれからの課題」(古瀬さん)。

イベント用に構築したシステムは「ポイント」、
しかし実用化させるためには「完成度」を上げる必要があります。

例えばポイント付与に人が介在する今回の仕組みを改めるなど、システム運用を自動化する機能を向上させたいという。
次回の実験については未定ながら、目指すのは富山ならではの地域通貨。古瀬さんは「地元の企業、金融機関、自治体などをより多く巻き込む形で取り組んでいきたい」と言葉に力を込めた。

関連するまとめ

韓国当局が仮想通貨取引所と提携の銀行を検査することを発表! 何が合ったのか!?

仮想通貨取引所と提携している銀行3行を検査することを発表した韓国当局! 韓国では仮想通貨の新たな規制ガイド…

仮想通貨ヲタク清水聖子 / 5849 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。