仮想通貨(暗号通貨)の第二位にいて人気を誇る
Ethereum(イーサリアム)に悪いニュースが流れています。

今回発見された脆弱性は何億ドルものEthereum資産に影響を与えるという。この問題はEthereumにとってここ数か月で2度目の深刻な打撃だ。

巨額な資金が凍結されている状況なのです。

皮肉なことに、7月20日にリリースされたマルチシグウォレットで
発見されたといいます。

20日以降のICOを行った場合、影響を受けている可能性が高いのです。
たった5か月の間でParityに発見された「2度目」の大きなバグ。
時価総額もさることながらICOはイーサでの参加がほとんどで、巨額な資金が動いています。

有力なウォレット・サービス、Parityを提供しているParity Technologiesは今日、ウォレットを消してしまう可能性のある問題を公開した。

ParityのEthereumウォレット「深刻な脆弱性で凍結」

この脆弱性は7月20日以降にリリースされたマルチシグ(セキュリティーを強化するため複数が合意して署名することが必要な)ウォレットで発見された。
つまりそれ以降のICO〔Initial Coin Offering=暗号通貨によるクラウド資本調達〕はこの脆弱性の影響を受けている可能性がある。

そして、問題がさらに悪化するように、続くことになってしまった。
7月に見つかったバクにより、
イーサは15万 ETH(当時のレート3000万ドル前後)が、
盗難にあってしまう事件が起きました。
このバグを修正するためのリリース7月20日に別のバグが含まれていたというのです。
今回7月19日か7月20日以降なのかにより、問題が拡大する可能性があります。

Following the hack, Parity issued a fix for the exploit, deploying a new library contract that was meant to resolve the issue. It’s now transpired that the new code contained another flaw which enabled the library contract in the Parity Wallet to be converted into a regular multi-sig wallet.

ハッキングに続いて、Parity(パリティウォレット)は、この問題を解決するための新しい攻撃の修正をリリースしました。しかし修正リリースの新しいコードに、パリティ・ウォレットの契約を通常のマルチ・シングレット・ウォレットに変換できる「もう1つ」の欠陥が含まれていたことが明らかになりました。

この時、イーサリアムのイーサの価格が一時下落をはじめていました。
一部のユーザーが移動したのかどうかは分かりませんが、
現在の取引を見ている限り、相当数のユーザーがいるイーサリアム。
その後はすぐに価格も戻している状況です↓↓↓

7月20日からのICO案件も確認

関連するまとめ

仮想通貨の王座目前Ethereum(イーサリアム)|ビットコインとイーサリアムの首位…

仮想通貨市場がほぼ急落し、首位であるビットコインも下落。そして狙うは首位か、逆走する仮想通貨がいます。それが…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 16959 view

仮想通貨イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)誕生|8位にラン…

The DAO事件により、ハッカーに盗まれた事件は推定50億円相当の資産といわれていましたが、救済する対応が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5850 view

ロシアのプーチン大統領が仮想通貨イーサリアム支持か|Ethereum考案者ブテリン氏…

ロシアのプーチン大統領とイーサリアム(Ethereum)考案者であるヴィタリック・ブテリン氏とが、フォーラム…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 14110 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽