ハウステンボス(長崎県佐世保市)は、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称、以下省略)」を使った決済システムの実証実験を12月中旬から約3ヶ月間、従業員を対象に開始します。

キャッシュレス化をすすめ、サービス向上を図っていくとしています。
世の中の決済がより進化している中で、必然の流れに積極的に導入していく様子ですね。
そして、仮想通貨「テンボスコイン」、また世界初輝く「金」を味方につけていくようです。
将来は「テンボスコイン」は「仮想通貨ビットコイン」とも交換可能にする構想のようですよ。

ハウステンボス、仮想通貨「テンボスコイン」導入

ハウステンボスは11月6日、独自の電子通貨「テンボスコイン」を使った決済システムの実証実験を12月中旬に始めると発表した。

一般開放に向けて、まずは、

実験は約1300人の従業員が社員食堂や場内のレストラン、物販店舗計40店以上で約3カ月実施する。
将来はセキュリティーを確保する分散型台帳技術の「ブロックチェーン」を検証し、円のほかドルやビットコインなどと両替できる「仮想通貨」に発展させる考え。
リスク管理のため、通貨の「担保」として純金1トン(約50億円)を用意している。

実際に発行される「テンボスコイン」は、
同等の「金」に裏付けられているシステムとする世界初の
金本位制に基づく「仮想通貨」となる構想です。

そして、担保の金が一部公開される華やかな館が登場します。、
今年12月16日(土)から、ハウステンボスの宮殿「パレスハウステンボス」館内に「黄金の館」が出現。

総額8億円相当の金を使った部屋中が輝く館には、金魂の工芸品なども展示され、
実際に触れることができるといいます。
この金はHTBが資産として持っていた一部や、買い足しで創設されると発表されています。

約25平方メートルの部屋の天井や壁に24金の金箔(きんぱく)を貼る。中央には6千万円相当の金塊をピラミッド状に置き、来館者は手で触ることができる。

本物の純金に触れることができる、なんとも煌びやかな日本最大級の館は
「運気アップのパワースポットになれば」と、広報部も話しています。

テンボスコイン“キャッシュレスの構想

テンボスコインは、将来的に
仮想通貨ビットコインや円との交換を可能にする計画ですが、
まずは館内での利用について実証していくとしています。

テンボスコインは、スマートフォンアプリの画面上で取引できる電子通貨。園内の指定場所でチャージ(1テンボスコイン=1円)し、
現金を使わずに園内の食事・買い物の決済に利用できる。ネットサービスの企画・開発を行うアイリッジ(東京都港区)が開発に協力した。

館内はアプリをインストール後、1テンボスコインを1円としてチャージし、

以後は現金を使わずに園内での食事や買い物が可能になる。

そして、ここは大事な点だと思われる担保について。
あまり記されているところがありませんでしたが、
発行枚数と深くかかわると思われる発表が残されています。▼

将来は、資産運用の一環で保有する1トンの金(約50億円相当)を発行上限とする「金本位制に基づく仮想通貨」とする計画という。

仮想通貨テンボスコインは、金を担保に有限となる発行枚数が設定される計画のようですね。
評価となる「価値」をどこで担保するのかという観点も明確さをもっているようです。

展開

関連するまとめ

ロシア初の「仮想通貨」ATM設置|仮想通貨は合法であり除外することは“無駄”

仮想通貨は違法だと許さなかったロシアの漸進が着実に始まっています。今回はロシア製のビットコインATMが登場し…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5816 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽