カタルーニャ独立政府「独自仮想通貨発行」検討~エストニアのシステム導入

スペインのカタルーニャ自治州が一方的に独立宣言をしてスペイン政府と対立している問題で、
カタルーニャの自称独立政府が、独自の仮想通貨の発行と、ブロックチェーンを利用したレジデンシー(居住民)システムの使用を検討していることがわかった。

カタルーニャは、エストニアと同様のeレジデンシー・プログラム、
また独自の仮想通貨の採用も検討していると伝えられています。

対立の問題は既に時事ニュースでご存じのことと思いますが、
深まっていたスペイン北東部のカタルーニャ自治州の分離独立問題に、
27日に新たな動きがありました。
カタルーニャ自治州議は同州が独立した共和国であることを宣言したと報じられています。

しかし、スペイン政府は、カタルーニャ州の独立を認めないとしており、
「自治権停止」を議会上院が賛成多数で可決させました。
これにより、中央政府が直接統治に乗り出すことになります。

参考資料:スペイン議会上院 カタルーニャ州の自治権停止を承認 | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011201131000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

カタルーニャ総領事館(Generalitat de Catalunya)は、
エストニアに代理人を派遣し「e-レジデンシー・プログラム」について、
学んでいると伝えられているのです。

エストニアで推進されているこのプログラムは、正式な国民でなくとも、エストニア国家のデジタル空間における居住民としてのIDの発行やサービスを享受できるという斬新な制度で、特にオンライン上のビジネスを展開する際に使われることが多いという。
一方で、EU加盟国であるエストニアによる「国家版」仮想通貨の発行計画は、欧州中央銀行総裁であるマリオ・ドラギによってくぎを刺されている。

エストニアの「エストコイン」計画は、
ユーロ圏内においてでは加盟国であるエストニアが、
独自の仮想通貨を導入することはできないと釘をさされている状況です。
ユーロ圏の通貨は「ユーロ」であり、自国の通貨は導入することはできないと述べていました。

しかしロンドンのGovChainブロックチェーンイベントで、
エストニアのエストコインは、EU全体の
暗号違反または暗号トークンとして機能する可能性があると語られているのです。

これは、エストニアのe-レジデンシー・プログラム担当である
Kaspar Korjusが話ているとして報じられています。

イーサリアムの創始者ビタリック・ビュテーリン氏が         「国家版仮想通貨」について助言か

しかし本当に驚くべきは、実現すれば欧州初となるブロックチェーンを使った居住管理システムではなく、
カタルーニャ州独立政府が中央銀行を設置せずに仮想通貨を発行しようとしている点だ。
また、カタルーニャ州政府は既にイーサリアムの創始者であるビタリック・ビュテーリン氏の指導を受けているという。
Vitalik advised the Catalonians to create an ICO to offer a currency that would work in tandem with the financing of a business project for the virtual residence program. The e-residency ecosystem could create an economic community independent of a central bank.

Vitalik Buterin(ビタリック・ビュテーリン)氏は、
カタロニア人にICOを作成し、バーチャル・レジデンス・プログラムの
ビジネス・プロジェクトの資金調達と並行して機能する
通貨を提供するようアドバイスしたと触れています。

仮想居住エコシステムの中で発行される新通貨は、中央銀行の規制監督の及ばない、絶対的に独立した経済コミュニティーをつくることになる。
感想

感想

カタロニアが仮想通貨を発行した場合、“発行する実際の記念コイン”で行う必要があります。とコメントがあげられています。
一般ユーザーからは、国に縛られていないコインが流通するのは、透明性のある政府として賛成するという意見もあります。
国家版の仮想通貨計画については、ロシアやカザフスタンも検討しています。
いち早く発表したエストニア、そして今回のカタルーニャについても、国家版の暗号通貨発行になるのでしょうか。
どの国が一番乗りで発行を報じられるのか注目のひとつかもしれませんね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

関連するまとめ

IRSは仮想通貨ビットコインキャッシュに税考慮|米国内国歳入庁がハードフォーク税徴収…

アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が、8月1日に生まれた仮想通貨ビットコインキャッシュで得た利益に税を課す可…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7176 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。