日本じゃ考えられない|スペインの「マイニング課税」

スペイン政府は、ビットコインのマイナーに利益の最大47%の税を課する見込みであると発表しました。
関係者は、今後ビットコインの採掘が税金の対象になる可能性を指摘しています。
8月末、スペイン財務省と行政機関は「ビットコイン取引及び支払い方法の一つとしての使用は、無税である」と発言しました。
一方で、マイナーたちは「経済を支えるため、ビットコインは常に税の対象でなければならない」と主張しています。
近年、スペインは仮想通貨やITを活用した金融に積極的です。
もしビットコインに税金がかかることになると、マイナーにとっての義務は重大となります。
経済学者兼顧問税理士のホゼ・アントニオ・ブラボー・マテウ氏は、「スペイン財務省にとってこの新しい責任は簡単に実現化できるものではない」と、課税の実現には様々な問題があると指摘しています。
BTC.comのアレハンドロ・デ・ラ・トッレ氏は、政府の課税計画に対し疑問を抱いており、政府がビットコインや仮想通貨の専門家を雇用し、不正なマイナーや未知のマイナーたちを探し出すのではないかと予想をしています。

仮想通貨に厳しい目を向けるスペイン政府

スペインの国税庁は支払いをデジタル通貨で受けとる方法に関する情報収集のため、少なくともひとつのビットコイン(Bitcoin)受け入れ企業を調査した。

関連するまとめ

カナダ事業社共同声明“仮想通貨ビットコイン”はCoreしか扱わない|分裂する前にでき…

仮想通貨ビットコインの分裂危機について、カナダのビットコイン事業社がBitcoin Core(ビットコインコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6063 view

英国が仮想通貨技術で年金システムへ|EU脱退明暗を分けた陰ドイツと陽イギリス

英国は仮想通貨に対し柔軟であり、ブロックチェーンを活用した年金システムに着手しました!EU離脱後の英国は衰退…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2789 view

三菱東京UFJ銀行と日立が日系初! FinTech海外展開|仮想通貨技術電子小切手決…

三菱東京UFJ銀行と日立製作所は、フィンテック(FinTech)活用による金融システムの共同開発を目指します…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3578 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。