仮想通貨ビットコインの再分裂がなされた場合に
10月25日誕生予定のビットコインゴールド(BTG)の付与について、
仮想通貨の交換業者で構成する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、
対応について方針を固めたとし、17日に日本経済新聞で報じられていました。

顧客に新通貨を付与するかは各社に対応を委ねるとし、顧客への事前の説明責任を果たすこともあわせて決めた。仮想通貨交換業を管轄する金融庁からは特に異論は出なかったという。

判断は、日本の仮想通貨取引所ごとに委ねると伝えられてから、
各取引所の発表を待っていた状況でした。
ようやく方針が定まった取引所が順に公開をはじめました。

ビットコインゴールドは、香港のマイニング企業が提案しているもので今月25日にもハードフォークが宣言されるとみられている。
ビットコインをめぐっては、すでに路線の違いから8月に分裂が起き、「Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)」が誕生している。

ビットコインキャッシュの対応をするとしている取引所では、
仮想通貨ビットコインの所持者に、
同数量のビットコインキャッシュを無料で付与しました。

その後の価格上昇でおいしい思いをした。同パターンの再現が期待されるなか、「足もとでは二匹目のどじょうを狙った投資家がビットコインに買いを入れているようだ」と、仮想通貨関係者は指摘する。

現在70万円目前の過熱ぶりです。

発表になっている取引所をお伝えします。※順位不同

Coincheck(コインチェック)【分岐時付与※場合によっては取りやめ】

このたびのBitcoin Goldに係る分岐に際し、CoincheckではBitcoin Goldの付与を行う予定です。

ただし、お客様の資産の保護が困難と判断される場合、
または安定したサービス提供が困難と判断された場合は、
Bitcoin Goldの付与を行わない可能性があるとしています。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

付与の日程は現段階では決まっておらず、
Bitcoin Goldの安全性・安定性の確認後となります。

なお、取引は予定通りの通常運営で、分裂に関して特別な停止は予定していないようです。

関連するまとめ

仮想通貨法案に「抜け穴」があった|専門家も唸る仮想通貨の“法制度”不備

仮想通貨の法案が春に施行される予定ですが、その前に……目前に控え、法の「抜け穴」が指摘されています。専門家が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7756 view

仮想通貨(暗号通貨)を説明する注意点|友達増やそう説明する際の心がけ

仮想通貨もようやくちらりと聞くようになったと実感できるようになってきました。仮想通貨を知るとどんどんマニアの…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2367 view

仮想通貨ビットコイン14万円突破の最高値|米国ETFに承認or却下「価格」は上昇か下…

仮想通貨ビットコインが、またステップを上げ、今朝は14万円を突破していました。ご存じの通り、米国ETFへの期…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10212 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽