まず始めに・・・仮想通貨投資に未来はあるの?

インターネットができたときに最初にできたものは「メール」、そして「サイト」です。
この概念はいまでもなくなっていません。なぜならある分野ができてから最初にできたものはなくならないようになっているからです。
それと同じでブロックチェーン技術ができたときに最初にできたものは「仮想通貨」です。
ビットコインが他の仮想通貨に置き換えられることはあっても仮想通貨の概念は消えません。ブロックチェーンが世界に出てきた時点で「価値交換の考え方」が永遠に変わってしまったのです。
インターネットとメールやサイトを切り離せないように、ブロックチェーン技術と仮想通貨は切り離せない関係なのです。
 ビットコインなど仮想通貨に対する規制を盛り込んだ改正資金決済法が25日、成立した。仮想通貨の悪用防止や利用者保護のため、取引所に登録制を導入するほか、口座開設時の本人確認も義務づける。仮想通貨が現金やクレジットカードと並ぶ支払い手段として日本でも公式に認められたことになる。

先にあげた理由により、「今後、仮想通貨はなくならない」と言われていることから、いつかなくなってしまうかもしれないリスクがあるものへの投資と比べれば比較的安全な投資手段だと言えるのではないでしょうか。
また、2016年5月に仮想通貨法ができたことにより、国が仮想通貨を法定通貨と並ぶ決済手段として法整備をしたことから、仮想通貨の将来性がうかがえますね。

仮想通貨への投資が良いと言われている理由とは

まず、資産を法定通貨で預金・外貨預金・金で保有することのデメリットとは・・・↓

法定通貨を銀行に預けておいたら、いつか預金封鎖やベイルインが起きてしまうかも知れません。外貨をタンス預金していたとしたら、それを将来国外に持ち出そうとしても、多くの税金がかけられてしまうので、実質目減りしてしまうことを避けることができません。また、資産を金(ゴールド)の延べ棒として保有し、それをどこかに行こうとしたら、空港や港で没収されてしまうかも知れません。

しかし、仮想通貨で保有することに替えたら・・・↓

でも仮想通貨として持っていたら大丈夫。現物なのに、デジタル、しかもブロックチェーンの力で守られているから、誰にも奪われることはないのです。

そして、法定通貨で全財産を所持し続けるリスクとは・・・↓

発行者が存在するタイプの通貨(法定通貨はまさにそのタイプです)に全財産を置き続けることを選択した場合、自分の資産を誰かに託してしまう人生を歩み続けることになります。発行者のことを信じている場合は良いですが、発行者のことが信用できなくなってしまった場合、全財産を法定通貨だけで持っているのはリスクでしかありません。
また、法定通貨の世界で言えば、力を持った誰かが擬似的に、自由自在に円安・円高を作り出すことができますし、そういう世界でFXなどの差金決済取引をしていたら、負けるべくして負けてしまうことを理解しましょう。

しかし、仮想通貨で何か問題が起きたとしても・・・↓

仮想通貨の世界は進化がとても早いので、問題が存在したとしてもそれは恐るべきスピードで解決されていくわけです。

資産を法定通貨や外貨・金で保有するより仮想通貨で保有した方が良い理由、そして大切な資産を誰かに預ける形で保有するよりも、誰からも奪われることのないブロックチェーンで保有した方が良い理由はお分かり頂けたと思います。
日本という国家に対し絶対的な信用があれば、法定通貨で資産を保有し続けていても問題ありませんが、今後どんな金融危機が起こり、世界的にもいつ経済危機が起こるかは誰にも分かりません。
経済大国である日本も、「絶対大丈夫」という保証はどこにもないのです。
今後の資産保有の方法を見直す必要があるのかもしれませんね。

仮想通貨投資を始めるための心構えとは

関連するまとめ

アルトコイン(オルトコイン)とは何? 仮想通貨時価総額順位で知る初心者さん向け

仮想通貨の市場はビットコインが8割で独占していますが、残りの市場をアルトコインが勢いをつけています。Ethe…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2644 view

平穏無事な今だからこそ、お金の非常時に備える。

皆さんは、このサイトで熱く語られる仮想通貨の話を、どう捉えられていますか?平和な今だからこそ、しっかり押さえ…

FREE BIRDS / 383 view

通貨と紙幣は時代遅れ?現金離れが進む世界の実情とは

日常生活の中で当たり前のように価値あるものとして使っている「通貨」ですが、その通貨がなくなる時代がやってくる…

ねもとあい / 494 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。