ICOソリューションであるCOMSAについては、 既にご存知の方向けにご紹介していきますが念のために、 ※ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

ICOソリューションであるCOMSAについては、 既にご存知の方向けにご紹介していきますが念のために、 ※ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

テックビューロという企業(仮想通貨取引所Zaifも運営)が、ICOソリューションである「COMSA(コムサ)」を発表しました。
ICOとは簡単に言えば、仮想通貨で資金調達をしますが、そのかわりに、自社独自のークン(仮想通貨)を発行付与します。

現在COMSAはICOを行っているところですが、第一弾のICOは、自社の「COMSA」本体のICOです。

「COMSA」について関心のある方は、よろしければ↓↓↓をご覧くださいね。

しかし、CMOSAが発表された時は、
第二弾、第三弾となる他企業のICO予定がホワイトペーパーにも記載されていました。
しかし、その後、「事実はない」「検討中」など、他企業から発言がでており、
公式的にも公開された状況です。
他企業名は、プレミアムウォーターホールディングスとCAMPFIREです。

ネット上でも予測や考えられる理由なども取り上げられ、
大荒れだったともいえる状況でしたが、COMSA本体のICOは実行されています。

第二弾のICOが決まらないままでしたが、
ようやくなのか、メタップスの時間市場タイムバンクが次の検討だと報じられました。

しかし、メタップスの関係者はCMOSAと繋がりのあるところだともいいます。
ここから詳しくご紹介いたします。

COMSAでICO検討:メタップスの「タイムバンク」が第二弾になりうるか

株式会社メタップスは、時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」に関して、テックビューロ株式会社が提供するICOソリューション「COMSA」を用いたICOを検討開始いたしました。早ければ年内、遅くとも来年夏までの実施を協議します。
タイムバンクは、専門家の時間を売買するサービス。このサービスで取り扱う「時間」をブロックチェーン上のトークンとして表現することで、マーケット拡大と流動化を目指すとしている。

公言していますが、タイムバンクは「時間」の取引所です。
本公式ページで書かれる内容では、タイムバンクはまさに「時間の銀行」です。
“10秒単位”で時間をリアルに売買できる仕組みを通じ、
経済と時間の再発明を目指しているとしています。
「興味のある専門家が発行(販売)する時間」を欲しい人が購入できるもの。
インタビューや講演や時間を買うというもので、
現代の生き方の中に溶け込む要素を備えているのかもしれません。

今後は専門家の時間に限らず、物や施設などのあらゆる時間の価値の最大化を図っていく予定です。
タイムバンクで扱う「全時間の平均価格」と連動したトークンや、利用実績に応じて手数料割引を受けられるトークンなどを想定する。詳細は追って随時発表としている。

しかし、「検討」となっているのは厳しいわけがあると伝えられています。

ここで「検討開始」と微妙な表現になっているのは、メタップスが上場企業で情報開示に厳しいという背景がある。

難しいとも考えられる状況は、これから報じられる内容かと考えられます。
しかし、すでに公開されているところを追いかけると、
パートナーシップを結んだこともわかりました。

テックビューロ社Zaif「メタップスの韓国子会社」とパートナーシップ

COMSAの母体である、テックビューロ株式会社の
代表取締役:朝山 貴生氏のTwitterでは↓↓↓

メタップスの株価も一時上昇していたのは、
一部で先に流れた取引所を開始するという内容だったようです。
発言をひもとけば、メタップスの韓国子会社「メタップスプラス」が、
「CoinRoom」という暗号通貨交換所を開設するということ。

調べてみますと、公式にパートナーシップを締結すると公開されていました。↓↓↓

Tech Bureau who runs COMSA, Japan’s most successful ICO project which focuses on cross-chaining platform built on the NEM blockchain protocol, has agreed to enter global partnership with Metaps Plus, Korean subsidiary of Metaps inc. (TSE 6172) a leading mobile fintech platform across mobile commerce and marketing.

上記には、ICOプロジェクトであるCOMSAを運営するテックビューロは、メタップス社の韓国子会社であるメタップスプラスとグローバルなパートナーシップを締結することに合意した。と記されています。

公式ページは下記のリンク※全文英文↓↓↓

関連するまとめ

日本でも「脱・現金」の波が追いつく|「クレカ払い54.1%」>「現金払い52.9%」…

世界に類をみない現金大国の日本。しかし、昨年末の調査でカード払いの割合がついに現金払いの割合を超える結果とな…

鈴木まゆ子 / 3652 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html