仮想通貨取引所Bitflyer「ビットコインVisaプリペイドカード」発売

仮想通貨ビットコインを利用した買い物が身近になってきた。国内最大規模の仮想通貨取引所を運営するビットフライヤー(東京・港)が、VISAブランドのプリペイドカードにビットコインで入金できるサービスを6日に始める。
プリペイドカードにビットコインを入金すると国内に数百万店あるVISAの加盟店で利用できる。

仮想通貨ビットコインをカードにチャージし、
普通のお買い物で利用できるカードはいくつかありましたが、
サービスの終了が伝えられているものが続いていました。、
しかし、新たなサービスを開始する話もチラホラ聞こえていた中で、
日本の仮想通貨取引所であるビットフライヤーが発行するというニュースは、
タイミング的にも関心の高かったのではないかと思われます。
海外から見て報じられる内容のほうが、より詳しく取り上げられていました。

※取引所コインチェックも昨年10月からカードにビットコインで入金できるサービスを始めています。

Bitflyerのウェブサイトによると、カードは無料で使用でき、登録料も年会費もかかりません。顧客はBitflyerアカウントを使ってオンラインで、または携帯電話アプリを使用してカードをリロードすることができます。カードの残高は日本円で表示されます。

The cards are free to use, with neither a signup fee nor an annual fee, according to Bitflyer’s website. Customers can reload their cards via their Bitflyer accounts online or using a mobile phone app. Balances on the cards are displayed in Japanese yen.

ビットフライヤーはカンム(東京・渋谷)と提携し、カードの発行にも乗り出す。プリペイドカードにはアプリを通じて入金できる。1回に3万円まで入金でき、月に入金できる金額の上限額は12万円。
ビットフライヤーにビットコインの口座を持っていることが条件で、まず申込者のうち1000人を抽選で選ぶ。
ビットコインを入金する時点のレートで円に交換するため、店舗側は円で代金を受け取ることができるのが特徴だ。

仮想通貨ビットコインは「金融ポートフォリオ」の一部になり得る

多くの金融関係者によるビットコインへの批判と、中国当局によるビットコイン取引所への停止命令により一時、最高価格5,000ドルに達した後、3,900ドルへと暴落し、9月のビットコイン価格は荒れに荒れた。

大荒れになった原因として、中国のICO禁止と仮想通貨停止↓↓↓

モルガンCEOのDimon氏が発言した「ビットコインは詐欺」、↓↓↓

ローカルビットコイン(P2P)の取引量増↓↓↓

続く韓国のICO禁止等、報道により価格は揺れに揺れた状況でした。

価格は過去最高の5013ドルから今日の4306ドルに低下し、約14%の損失となりました。それにもかかわらず、Bitcoinの価格は今年全体で600%上昇し、効果的に世界で最も優れた資産を作っています。

The price fell from its all-time high of $5013 to today’s $4306, a loss of roughly 14%. Nevertheless, the Bitcoin price has risen by an overall 600% this year, effectively making the best performing asset in the world.

暗号通貨取引所BitstampのDan Morehead会長は暗号通貨が世界中の金融ポートフォリオの一部になるだろうとCNBCに語った。

ポートフォリオとは、自分が保持している全資産が、
どのようにして保有されているかを割合で表したものです。
一般には、安全資産と危険資産の保有率といわれます。
例えば、現預金が70%、不動産30%など。分散している方は、
ここの項目が幾つかでてくるわけです。

彼はサンフランシスコで開催されたカンファレンスにて、「ビットコインはこれまでの通貨や資金に革命を起こすだろう。
それがうまくいくならば、価格上昇はさらに続き、ポートフォリオに合理的で期待できるものだ。」と語った。

日本は法案があり仮想通貨取引所も登録制となっている強い背景があります。

状況が安心を担保することにより、仮想通貨ビットコインは年内で
60万円になるのではないかとも報じられていました。
※先日ご紹介したミレニアル世代の考え方で参考にした資料

彼は、ビットコインがボイスオーバーIPのようにお金を混乱させるだろうと語り、ブロックチェーンベースのトークンをプロトコルとみなし、今日のインターネットのHTTPやその他のルールに似たシステムと考えていると語った。

また、ご紹介してきたゴールドマンサックスの発言からも↓↓↓

専門家やアナリストは、Goldman SachsがすぐにBitcoinや他の暗号化通貨と直接取引を開始したり、独自の取引プラットフォームを開く可能性があると考えています。

Experts and analysts believe that Goldman Sachs might potentially soon start to directly trade with Bitcoin and other cryptocurrencies or even might open its own trading platform.

あれだけビットコインを詐欺と発言した後に、こんな言動が報じられていました↓↓↓

仮想通貨「10月8日ランキング」

※順位も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください。

一週間前との比較

前週との比較表(1位のビットコインは除いています)
左は現在の順位と$価格、対して右側は1週間前のランキングと$価格です。
表のグリーン「変動なし」、オレンジは「上昇」、ブルーは「下落」

上記トップ5は変わりなしですが、今週だけではなく総合で見ると

時価総額でトップ5の暗号化された通貨のうち、ビットコインは第3四半期に最高を支配しました。デジタル通貨は74%増でした。

Out of the top five cryptcurrencies by market capitalization, bitcoin reigned supreme in the third quarter. The digital currency was up 74 percent.

Coinmarketcap.comのデータによると、時価総額の順に第3四半期の業績があります。
・Ethereumは282.32ドルから302.04ドルへ8%強の上昇
・リップルは0.26ドルから0.19ドルへと低下し、26.9%
・Litecoinは40.4ドルから​​55.1ドルに上昇し、36.5%の上昇となった。

Ethereum went from $282.32 to $302.04, rising just over 8 percent
Ripple fell from $0.26 to $0.19, declining 26.9 percent
Litecoin rose from $40.4 to $55.1, rallying 36.5 percent.

※リップルは、先日上昇した時から少し下げていますが、
0,19ドル→現在0.238112 ドルとなっています。

黄色の印は新しく顔をだしたアルトコイン。
上昇したあとに売りが入っていましたが、
現在は戻している様子です。
流れからは、一部の利益確定があったものとも推測されますね。

仮想通貨に関するニュースは、これから幾つか待機している状況です。
また世界各国から発表される報道もまだ増えていきそうなため、今年残り三か月を切っていますが、エレベーターのようなニュースが飛び出す可能性がないともいえないかもしれませんね。
雨降って地固まるか、心驚かされないように冷静に判断していきたいところです。

仮想通貨(暗号通貨)は、あくまでも個人個人の意見があります。当然ですが全ての方が同じ考えになるものではありません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2017.9.24|JPモルガンCEOのDimon氏「詐欺発言」は…

「仮想通貨ランキング」今週は全体でみると大きな動きよりも、軌道修正や回復にむかっている様子でした。その中で、…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7425 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽