IT(情報技術)の変化の速さには眼を見張るものがあります。

インターネットといわれるものが普及してから、
「ITの進化」は目まぐるしく動いていることを耳にするかと思います。
日常の生活に密着していて、
近すぎて気が付かないほどの速さを感じたことがあるでしょうか。
そして仮想通貨も登場し、ITの世界の進歩は3倍、5倍とも言われています。

ロボットや人工知能が組み込まれたさまざまなサービスが今、爆発的に生まれています。インターネットやスマートフォンの普及が新たな地平を押し開いたのは疑いようがありません。

では、仮想通貨はどうかと言えば、
仮想通貨ビットコインで話すと
1年間をチャート見ると7倍以上になっています。

今まだ仮想通貨への興味はあっても二の足を踏む方に、
慌てず、しかし訪れるキャッシュレス時代に生きていけない人にならないよう、
どんなものかを今からゆっくり知る方法をご紹介します。

世界では一般市民や行政がすでに「IT化」日常の社会

世界は、すでにロボットも活躍していますが、日本では残念ながら遅れているのです。
日本経済新聞で紹介された実録の記事では、
世界の一般市民の生活にかかわるITの社会を教えてくれています。
例えば、

スウェーデン田舎にも「草刈り機ロボット」

夏にスウェーデンへ行ったときのこと
芝刈り機の販売と修理サービスを営む店舗の店主の家では、
庭のお手入れをロボットの芝刈り機が稼働していたそうです。

丸い形をしていて、決まった長さに自動で芝を刈る、すぐれものです。あらかじめプログラムすれば、刈る時間や頻度などを指定できます。
作業を終えると、自分でベースに戻りチャージします。暗証番号で保護されているので盗難抑止にもなります(盗んでも動かないため)。
数年前から彼が芝刈りロボットを取り扱っていることは知っていましたが、従来型モデルから脱皮して、新事業にシフトしていたことに驚きました。田舎町にもロボットが押し寄せていると実感しました。

行政機関「三者テレビ電話」で書類準備

行政機関での出来事

ある書類を準備する必要があったので担当者と話したところ、別の遠い町に問い合わせるため、机にあったモニターをテレビ電話に切り替え、3者通話のモードにしました。
遠い町の担当者が該当する書類を送付してくれ、それが目の前の機器から瞬時に出力されたのです。おかげでほぼ待たずに目的の書類を入手できました。

一般市民の生活も行政も日常の生活に溶け込んでいます。しかし日本では

日本は一部を除き、こうした風景が日常的になっていないと感じます。特に公共サービスについては、複数窓口にあちこち出向いたり、担当者がいないと待たされたりするような仕組みは不便です。
あらゆる産業が効率化され、必要な人員は少数で済むので、仕事を失う人が必ず出てきます。私たちはこの変化に付き合うしかないのです。

マネーの世界もIT化「仮想通貨ビットコイン」益々拡がる可能性大

同時に、仮想通貨の決済できる店舗も増えており、
マネーの世界もIT化が確実ともいえるほどの進化です。
今までの事柄を全てご紹介すると膨大になりますが、
電気やガスなども仮想通貨決済、飲食だけではなく歯科や量販店も決済可能。
ビックカメラは全店、丸井今井は一部の店舗で仮想通貨ビットコイン決済が可能です。
そして、使える店舗がすくなかった地方では特に便利になりそうなニュースもあります。
ビットフライヤー(日本の取引所)がVISAブランドの
プリペイドカードにビットコインで入金できるサービスの開始です。

ここまで読んでいただくと、なんとなくスピード感の
ズレを感じることはありませんでしょうか。
時代は「猛スピード」です。
「日本」には関係ないとは言えないところまできています。
そして仮想通貨においては、日本は肯定的であり、
逆に早くに整備に着手してきている「法」の定めがある国です。
そんな日本に住んでいながら、まだ仮想通貨そのものを、
「知らない」「わからない」「関係ない」と言うのは、
今後先々に自分自身に不利になる可能性も無いとは言えないかもしれません。↓↓↓

「ビットコインの約9割は、投資目的として使われています。法整備によって、大手企業やFX会社などが参入しやすくなるので、投資目的での利用はますますやりやすくなると思います。また、決済用に使用できる場所も徐々にですが増えていくのではと思っています。

日本の法は定めが早かった国です。

改正資金決済法が4月に施行され、仮想通貨取引所は10月から金融庁による登録制となる。
「登録制で利用者が安心して使えるようになり、証券会社なども仮想通貨取引を扱うようになれば、新規の投資家が増えてくる」(小田さん)

では、これから仮想通貨に投資をする「はじめての方」へご紹介していきます。

はじめての方に「仮想通貨の必要性」は何か

その際にビットコインの概念を知っておくことは仮想通貨の基礎を知る上で重要なので、投資に興味がなくとも、ビットコインのことを勉強し、少額を持っておいて値動きを観察することは意味のあることだと思います」
 たとえばスマートフォンでの決済や仮想通貨が信頼できず、使っていない人がいたとします。取引の過程でお金を奪われたり、失われたりする懸念はあるでしょう。それでも1万~2万円程度の額でいいから、まずは試す。今、準備することが大事です。そうすれば、いずれ電子マネーや仮想通貨でしか決済できない日がきたら、どうすればいいのかすぐにわかります。

「仮想通貨は少額からでも購入できます。まずは500円など少しずつ試してみて、増やしていくのがいいでしょう。
運用する場合は、リスクを学び許容できるリスクの範囲内で投資して下さい。仮想通貨は技術としてもまだリスクがあります。なくなってもいいお金で運用するという考え方です」

まとめ

新しい考え方をしなければ仕事を失い、路頭に迷う人が出るでしょう。
一方、準備していた人たちはある程度の変化を予測できているので、成功をおさめるチャンスが増えます。
今までなら50歳にならなければ到達しなかったようなレベルの成功が、若くても達成できるチャンスが広がる時代なのです。

20代ではまだ自分の力が育っておらず、好きを磨くことも重要でした。
そして、スキルアップと人脈をつくっていくものです。

今の時代は年齢に関係なく、いかに柔軟に携わることができるか、なのかもしれません。

人と交流し、情報交換をすることは変化の足がかりになります。インターネットやSNSで入手できる情報がうんと多くなったからこそ、信頼できる人たちと交換する情報が貴重なのです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ドバイがデジタル通貨「emCash」を発行か|国が認める最初の仮想通貨となる可能性

アラブ首長国連邦(UAE)のうちの首長国である「ドバイ政府」が、国が管理する独自のデジタル通貨「emCash…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8648 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽