幕張メッセ(千葉県千葉市)で10月3日から6日まで開幕されている
「CEATEC JAPAN 2017」(シーテックジャパン)で
注目の特別展示エリア「IoT TOWN 2017」

ここで 三菱UFJフィナンシャル・グループの

ブロックチェーン技術を用いた同社独自の仮想通貨「MUFGコイン」を用いたデモを実施。
スマートフォンアプリで送金したり、自動販売機での決済に使ったりといった利用シーンを想定している。一般向けイベントで公開するのは初めて。

三菱東京UFJ独自仮想通貨「MUFGコイン」一般“初公開”

今回の出展に当たり、同社は、MUFGコインを使える飲料の自動販売機を開発した。
IoT・AIを活用したサービス・製品が「IoTタウン」で勢ぞろい、業界の垣根を超えて創出される新たなビジネスモデル - INTERNET Watch

IoT・AIを活用したサービス・製品が「IoTタウン」で勢ぞろい、業界の垣根を超えて創出される新たなビジネスモデル - INTERNET Watch

IoT・AIを活用したサービス・製品が「IoTタウン」で勢ぞろい、業界の垣根を超えて創出される新たなビジネスモデル - INTERNET Watch

IoT・AIを活用したサービス・製品が「IoTタウン」で勢ぞろい、業界の垣根を超えて創出される新たなビジネスモデル - INTERNET Watch

展示・デモされているのが、MUFGコインが使える初の自動販売機である。デモでは、スマホの指紋認証機能を使って本人確認した後で、スマホに登録してある本人情報をQRコードにしてスマホ画面上に表示する。
このQRコードを自販機が読み取り、サーバーを経由して決済する。

デモンストレーション中のMUFGコインは、
ダンベルを持ち上げた回数に応じて付与され
自動販売機で飲料を購入するコインとして使えるようです。

イベント会場でわかる「MUFGコイン」概要

MUFGコインは、外部のブロックチェーン技術をベースに2016年10月に開発に着手したもの。
MUFGでは、スマートフォンのアプリケーションや、サーバー上のソフトウエア、サーバーとブロックチェーンを接続する系などを主に開発したという。

少し前になりますが、三菱UFJFGは、まずは社員1,500人で
MUFGコインの実証実験を5月より開始導入発表をしていました。

さらに、今年度中にも試験導入の範囲を全社員に広げて、
予定している一般実用化に向けた「検証」を続けていくようです。

スマホアプリの画面上で預金口座の残高を1円=1コインに交換し、事前登録した「友達」と取引できる。

仮想通貨のファンから見ると、MUFGコインは仮想通貨とも
いいがたいとの声もありますが電子マネーとも異なります。

関連するまとめ

独自“地域通貨”東大、会津大が実証実験|仮想通貨の技術を使い地域再生を

インターネット上で取り引きされる“仮想通貨”の技術を使った独自の「地域通貨」の実証実験が行われました。地域通…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7138 view

「中国ICO禁止は一時的」|レギュレーション整備後、再開の見通しがつく

先日、中国ICOが禁止になったというニュースが流れました。これを受けて一時ビットコインなど主要仮想通貨の価格…

すずきまゆこ / 4038 view

世界初ビットコインバンク(Bitcoin-Bank)開業|オーストリア首都ウィーンに…

オーストリア首都ウィーンで、まさにBマークがついた“世界初”の仮想通貨ビットコインバンク(ビットコイン銀行)…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 14522 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽