今週の仮想通貨まとめランキングは、
下落していた市場が戻ってきている様子が一目でわかります。
まだ追いついていないアルトコインもありますが、もう少し経過をみていきたいところです。
ランキングはご紹介いたしますが、今週は
追加報道が多かったため、記事を中心にご紹介いたします。

仮想通貨「10月1日ランキング」

※順位も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください。

一週間前との比較

前週との比較表(1位のビットコインは除いています)
左は現在の順位と$価格、対して右側は1週間前のランキングと$価格です。
表のグリーン「変動なし」、オレンジは「上昇」、ブルーは「下落」

ダッシュがまだ戻しきれていないところですが、
ほぼ元の位置に帰ってきている状況です。ランキングは動き、
やはりSBIの動きなどでリップルが久々に3位に浮上してきました。

黄色の印は新しく顔をだしたアルトコイン。
最近は浮上しても、すぐにランキングダウンするコインと、
グイグイ伸ばしていくコインとの差が大きいようです。、
新顔の変動がとても激しいため、数日様子を見て抜粋していきます。

「暗号通貨(仮想通貨)」を却下するのは賢明ではない

ロンドンでの会見で、IMF(国際通貨基金)の責任者
Christine Lagarde(チーフクリスティン・ラガルド)氏が語った言葉、それは

「仮想通貨を無視(却下)することは賢明ではないかもしれません。」

仮想通貨はまだ幼少期にある

Digital Currencies are Still in Their Infancy

Lagarde氏は、仮想通貨が今の法定通貨をすぐに置き換えることはないと言い続けています。
しかし、仮想通貨ビットコインは、まだまだ“揮発性”が高いため、
多くの投資家がまだ「様子を見ながら」待っている段階。
今、傍観者となっている彼らが参加することを決める時が来るでしょう。
と話したといいます。

特に、「弱い制度と不安定な国の通貨」を持つ国が実際に直接的にそれを受け入れる可能性のあるシナリオを概説した。

Notably, she outlined possible scenarios in which a country – particularly those with ”weak institutions and unstable national currencies” might actually embrace one more directly.

不安定な国はドルを選ぶのではなく、仮想通貨を選んでいること。

仮想通貨(暗号通貨)が実際により安定していくなら、そのシナリオはさらに急がれるかもしれない、と彼女は言った。

That scenario could be further hastened if cryptocurrencies ”actually become more stable,” she said.

必要なことは、

中央銀行家の最善の対応は、効果的な金融政策を継続し、経済が進化するにつれて新鮮なアイデアや新しい需要に開放されていくことです。

”So in many ways, virtual currencies might just give existing currencies and monetary policy a run for their money. The best response by central bankers is to continue running effective monetary policy, while being open to fresh ideas and new demands, as economies evolve.”

IMFのLagarde氏は中央銀行家に「バーチャル通貨を却下するのは賢明ではない」

IMF Chief Lagarde Tells Central Bankers: “Not Wise to Dismiss Virtual Currencies”

なぜなら、「ビットコインを詐欺」と言った発言や、
中国がICOを禁止という行動がありました。
しかし、これらのコメントや行動は、結果的に見ると、
ビットコインには、なんら影響することもなかったわけです。

こうした否定的な言動よりも、逆の動きを見せた肯定的な「日本」の例をあげています。

例えば、最近、日本は11の取引所を承認し、アジアの支配的なビットコインハブとなった。

For instance, Japan recently endorsed 11 exchanges and became Asia’s dominant bitcoin hub.

これまでの言動から、仮想通貨はより速いペースで加速していることを伝えています。
必ずしも無視することが得策ではなく、共存できる新しいスタイルが試されているのかもしれませんね。

イーサリアム支持者の多い韓国「国内ICO禁止」影響は“最小”

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2018.7.8|BTCはおよそ“220万円予測”EOS、IOTA…

まだ完全な復活とは言い切れないにしろ、仮想通貨市場上位は全体に持ちなおしている様子。今週はビットコインの20…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7764 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。