世界の仮想通貨取引システムを支えるマイニング(採掘)事業に日本企業が相次いで参入する。
IT(情報技術)大手GMOインターネットとネット関連大手DMM.com(東京・港)の相次ぐ参入表明で改めて脚光を浴びるインターネット上の仮想通貨(暗号通貨)のマイニング(採掘)。

関連記事:よろしければ後でご欄くださいね。↓↓↓DMM

関連記事:よろしければ後でご欄くださいね。↓↓↓GMO

そして、続くのは、ネット証券事業を手掛け、日本の金融持株会社である「SBIホールディングス」、マネックスグループまでもが参入計画を固めました。

SBIはすでに会社設立済であり、マイニングする仮想通貨は、あれだと噂されており、
マネックスグループでは独自仮想通貨発行と、マイニングも検討しているといいます。

現段階では、中国勢の独壇場になっているとまで報じられるマイニングを、日本も追うように有名どころの大手企業が名乗りをあげています。
しかし、どんなことでも頭をかかえる後発組の悩みである「採掘」コスト。

本日は、SBIホールディングスやマネックスグループの参入詳細、中国主導に対抗する運営ルール、マイニング(採掘)の高い壁などをご紹介します。

おさらい「仮想通貨のマイニング(採掘)」とは

既にご存じの方は読み飛ばしてくださいね。今更聞けない、忘れてしまった、そんな方に簡単な事前確認です。

マイニングとはブロックチェーンを使った売り買いや送金に絡むデータの流れが真正かどうか、第三者がコンピューターで暗号を解きながら検証する作業。
仮想通貨システムを維持するうえで欠かせない作業だ。
マイナーはこの記録作業の報酬として、新規に発行される仮想通貨を受け取る。

ブロックチェーンで細かくご案内すると、「記録作業」の報酬として全員が仮想通貨を受け取るわけではありませんが、なぜマイニング(採掘)と言われるのかは、このイメージでとらえていただくと、わかりやすいかと思われます。

日本経済新聞

日本経済新聞

SBIとマネックスも仮想通貨マイニング事業に参戦「中国主導に対抗」

SBIとマネックスグループも近く参入する方針を固めた。
SBIは8月にマイニングを手掛ける新会社「SBIクリプト」を設立。

マイニングを手掛ける新会社SBIクリプト(SBI crypto)

この発表は、FIN/SUM WEEK 2017にて伝えられているもので、
まだ多方面で取り上げられていることではないようです。

電気料金の安い海外にマイニング拠点を設ける予定だ。

なぜ、この時期に参入を決めたのでしょうか。
語られている中から見えかくれするのは、ビットコインの分裂騒動報道がおきた時にさかのぼるかもしれません。
8月には、仮想通貨ビットコインキャッシュ(現在市場第三位)が誕生しましたね。

マイニングは、中国のマイナー勢が世界の7割程度のシェアを握っていると言われており、分裂騒動の際は、報酬が下がるのを懸念したマイナー勢が分裂を実行し、ビットコインキャッシュが誕生。
しかし、分裂騒動については、日本はじっと見守り状況に、対応することしかできませんでした。なぜなら、

個人マネーの流入で日本はビットコインの取引量で世界最大に浮上したとみられる。ただ開発者やマイナーとしての日本勢の存在感は薄く、8月の分裂騒動の際など取引ルールを決める重要な局面でも日本の発言力はほとんどなかった。
仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。