電気代が払えるサービスが11月から開始!

仮想通貨の取引所「コインチェック」を運営するレジュプレス(東京・渋谷)とLPガス販売などの三ツ輪産業(東京・港)は国内で初めてビットコインで電気代を支払えるサービスを始めると発表した。
銀行もコンビニも円も使わない、ビットコインによる国内初の公共料金収納サービスとなる。
今回、ビットコイン払いの対象になるのは4月に電力小売り事業に参入した三ツ輪の子会社イーネットワークシステムズ(東京・港)の契約者。コインチェックにあらかじめビットコイン口座を設けておくと、毎月の電気代が自動で引き落とされる仕組みだ。

サービスを開始する会社は、どんな会社?

レジュップレス株式会社

2012年8月設立。月間取引額160億円強のビットコイン取引所coincheck(https://coincheck.com)ならびに、ビットコイン決済サービスcoincheck payment(https://coincheck.com/payment)を運営。
弊社はストーリー投稿サイト STORYS.JP や、ビットコイン決済サービス coincheck を開発運営しています。また、開発効率化のため、私達は積極的に新しいライブラリ等を取り入れております。他では見られないチャレンジブルなコーディングの機会を約束致します。

三ッ輪産業グループ

三ッ輪産業は創業76年の老舗LPガス事業者。関東地方に直売・卸合わせて約20万の 顧客基盤を保有。子会社の小売電気事業者のイーネットワークシステムズ(ENS)は、「イニシャルコスト0(ゼロ)での電力事業参入」を可能とする電力小売のプラットフォームを運営。提携事業者を経由して電力をお客様に供給している。
ビットコインを導入する三ッ輪産業の尾日向竹信社長は「人口が減る中、これまでのガス事業が縮小する危機感があり、新たな客としてビットコインの利用者を開拓しようと導入を決めた。ビットコインの利便性は高く、新たな決済手段として使いたいというニーズに先陣を切って応えたい」と話しています。

どんなサービスを開始するの?

「coincheckでんき」は、電気代をビットコインで支払うことができるプランを含め、ライトユーザー向け、ヘビーユーザー向けの2つの料金プランを用意いたします。

①「生活するだけでビットコインが貯まる」ライトユーザー向けプラン

・電気料金、支払方法は今までの電力会社と同一だが、削減電気代をビットコインで還元
(還元分のビットコインがcoincheckウォレットに貯まります)

関連するまとめ

海外送金マイナンバー強制|だからこそ仮想通貨ビットコインが味方!!ナンバー不要

マイナンバー制度について世論が反対していたのはつい最近。最近は誰も何も声をあげなくなりましたね。マイナンバー…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2311 view

仮想通貨ビットコイン9万円台|考えられる3要素“ある値を超えたら4桁台突入予測” 

仮想通貨ビットコインの価格が90,000円台を突破しましたね。半減期で急騰した2016年6月につけた高値を超…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7969 view

ロシア政党が仮想通貨合法化を|経済制裁の痛みか?投資やブロックチェーン開発要求

苦しめる経済制裁も要因?ロシアは、世界的に見ても仮想通貨に対して、特に厳しい規制をかけています。しかし、ロシ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1286 view

関連するキーワード

Rie Yamauchi

マイナンバー制度やマイナス金利の導入により、
日本の未来に、大きな不安を抱えています。
個人が資産を殖やし守っていくには、どうすれば良いのか?
色々と学んだ結果、仮想通貨が1番だと思います!

仮想通貨に関する知識やニュースなど、
有益な情報をシェアしていきます! 

Facebook・LINEもよろしくお願いします(*´︶`*)❤
気軽にメッセージ、お友達申請して下さいね♬

Facebook⇒http://rie-yamauchi.com/fb/matome/
LINE⇒@rieyamauchi