GMOインターネットは7日、仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)事業を2018年上半期にも始めると発表した。

「企業としては日本で初めて」だと報じられています。

採掘する仮想通貨としてビットコインを挙げており、次世代型の7nmプロセスを利用した半導体を導入することで高効率の採掘システムを構築したい考えです。

マイニング(採掘)とは、ご存じのない方は関連記事をご覧くださいね・
仮想通貨ビットコインは、一定期間で取引記録を取引台帳に追記します。
この追記の処理は、ネットワーク上に分散さて保存されている取引台帳のデータと、
そして、追加であがってきたデーターは、
対象期間に発生したすべての取引データが間違っていないか
正しいかを判断してながら記録することが求められます。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。
つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

GMO「クラウドマニング事業」への展開も計画中

2018年上半期をめどに、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。その後、時期は未定だが、「クラウドマイニング事業」も展開する予定だ。
GMOインターネットでは、ビットコインのマイニング事業を行うためには高度かつ膨大な計算処理が可能なコンピューターと、それを稼働・冷却させるための安定した電力の確保が必要になると説明。

日本ではなかなか難しいと言われているのは、電気代の問題です。
現在の日本の公共料金では、マシンを動かしマニングするには、コストが高すぎるのです。
だかたこそ、諸外国では巨大なマイニングが行われています。
聞くところによると、ファンをあてていないと熱くなって家事に
なるのではないかというほどの熱量を持ちます。

クラウドマイニング事業への着手を考えているとのことですが、
仮想通貨関係では、自分でマニングするのは、ちょっと。
だけどグループでマニングし分配する方法があれば
すぐにでも行いたいという方は相当数いらっしゃいます。
参加することでマイニングができるのであれば、朗報として注目する方も
おいでかと思います。

マイニングを行う高性能のコンピューター(マイニングボード)を実現するため、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究・開発を、パートナー企業とともに行う。
また、電力については、再生可能エネルギーの豊富な北欧に次世代マイニングセンターを設置することで、コストを抑えるとしている。

関連するまとめ

あのおなじみ米国ショップ|ビットコイン支払で20%OFF!

ビットコイン・スペシャリストのエアビスとの提携により、仮想通貨の普及を全面的にサポートとなった。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1966 view

仮想通貨を含め“FinTech(フィンテック)”の認知度たった4%|変化に遅れる日本…

時代が変化しているのに残念なのは、FinTechの認知率がたった4%だといいます。知っていますか?“FinT…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10443 view

名古屋市議員の報酬82%UPから波及「国会議員給与」無税の手当がすごい

名古屋の地方議員報酬を82%あげることがニュースになりました。地方の平均にするということですが、平均ってどの…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1651 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽