暗号通貨市場への投資が増加を続けている。
CoinMarketCapによると800以上の暗号通貨または、暗号資産の時価総額は1,600億ドル(およそ17兆円)を超え過去最高値となった。
今年の初めに100億ドルを記録して以来、実に1,500%の上昇である。

そして、本日は更に時価総額を上げています↓↓↓

ビットコイン「SegWit」8月24日に有効化後、空採掘で邪魔がはいる

ビットコインの高速新規格「SegWit(Segregated Witness)」が2017年8月24日に有効化されましたが、この新規格で処理高速化の特許技術ASICBOOSTが無効化される世界最大のマイニングプール「AntPool」(運営元・中国Bitmain)が
空ブロックをせっせと採掘しているのが見つかり、「ビットコイン送金が詰まるからやめれ!」とビットコインユーザーたちが怒ってます。
Bitmain社といえば、SegWit導入に反発し袂を分かってビットコインキャッシュ(BCH)を独立させたビットコイン分裂の主勢力です。
もちろん表向きには処理速度を20%上げるCovert ASICBOOST技術は「実装しているけど使ってない」と疑惑を否定しています。

しかし、「だったら無効になっても問題ないよね」そう言われると、
いやいた「それは困る」とななり、今回の対立となったようです。

ビットコインとビットコインキャッシュのマイニング(採掘)問題は、
何度か取り上げておりますので、興味のある方は以前の関連記事をご覧くださいね。

取り決めがあり、ビットコインキャッシュには
○時間以上の滞りがあれば優遇待遇がなされます。、

誰かがコメントに書いているように、もしかしたらこれはASICBOOSTを使っているかどうかのリトマス試験紙になるのかもしれません。すぐさまJihan Wu CEOはツイッターで疑惑を否定し、システム障害だと釈明しました。

回避されたのか、その後のSNSやり取りがどうなっているのかは続編が必要ですが、
その後ビットコイン価値は8月29日に急上昇し、世界中の取引所で高値を達成しました。

仮想通貨ビットコイン突破「50万円台」

昨日から、50万円を突破しそうな順調な線を描いていました。
本日、何のつっかかりもなく、押し戻されることもなくすんなり突破。
それから50万円台で1,000~4000円の差で少し動いているようです。

写真を撮ったときは、日本円で50.6万円(おおよそ$4600)

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽