最も先進的な電子国家エストニア共和国が、e-Residencyプログラムの一貫として、
国家による世界初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実施を計画していることを明らかにした。
仮想通貨「エストコイン」を発行する。

ICOとは、度々耳にすることかと思いますが、
新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」と言われるもの。
株のIPOと近い性質をいくつかもった資金調達で、
現在ICOは熱い人気の的にまっています。
日本ではCOMSAをご紹介していますが、仮想通貨、
ブロックチェーンと並び、ICOの時代になるのではないかとも言われています。

現時点では、「検討」「計画」として報じられていますが、
予告サイトも公開されているといいます。
ここで実現されれば、国が初めて行うICOとなるのです。
もともとエストニアの頭脳は、日本人が乗り込んでも
“ただの人”になるという国全体がIT国家。

エストニア「国家ICO」の意義と現在の公的サービスの電子化

エストニアは公的サービスの電子化を進めており、仮想通貨の活用でさらに利便性を高める狙いがある。

e-Residencyプログラムのマネジングディレクター
(エストニア政府の電子化担当を務める)“カスパー・コルジャス氏”が、
エストニアの国家初ICOについて伝えています。

すでに準備サイトを開設している。同国は外国人にインターネット上で自国民に準じた行政サービスを提供する「電子居住権」制度を始めている。ICOはその取り組みの一環として実施する。

ICOの仕組みをご存じの方は読み飛ばしてくださいね。
一般的に多いICOで資金調達は、参加(資金投資)をしてくれた方に、
企業で発行する独自トークンを付与することがほとんどです。
トークンは、企業が大きくなったり、トークンが上場した場合に、
価値が大きく何十倍にもなってきている実績があります。
もちろん、上場できずダメな場合もありますが、
エストニアがICOをするということは、大きな意味がでてきます。
冒頭の記事では仮想通貨「エストニア」と記されていますが、
ICOの段階では、まだ仮想通貨ではなく
独自のICOトークン「エストニア」の発行となります。

ただし、以前よりエストニアは国の仮想通貨エストニアの発行について、
発表されていることを報じられており、
発行されるものが法定仮想通貨エストニアになるのかどうかも
注目するところかもしれません。
まだまだ情報は途中段階となります。

ここで発行される「Estcoin」は、エストニア政府が発行・管理するが、世界中の誰もがアクセスすることができる。

既に「e-Residency」と呼ばれる公的サービスの電子化を進めており、
インターネットを通じて受けることができる基本を構築しています。

とりわけ、ヘルスケア領域においてはブロックチェーンを活用したインフラへの置換も検討しており、極めて先進的な取り組みを実施している国といえるだろう。
エストニアは、今年のはじめよりエストニア非居住者に向けた電子国民(e-Residents)の申請受付を開始し、既に138ヶ国から2.2万人にのぼる電子国民の興味を集めた。

通信インフラ、生活インフラ、ITインフラなど使われる基本となる土台作りは、
世界中で見ても、エストニアでは大きく前進しています。
私たち日本人には、おそらくまだ知らない未知の世界がすでに登場しているのです。

エストニア「国家ICO」利用目的

Estcoinを通じて調達した資金は、Public Private Partnership(PPP)を通じて管理され、電子国家の助力となる契約に合意した場合にのみ用いられます。
これにより、エストニアはスマートコントラクトや人工知能に至るまで、世界中の多くの人々に恩恵を与える、公共のあらゆる技術やイノベーションに投資することができます。

他の資金の使い道

それをベンチャーキャピタル(VC)のようなファンドとして運用し、公的サービス分野での画期的な技術開発などに投資していく。

関連するまとめ

米大手送金企業ウェスタンユニオン、仮想通貨送金サービスの可能性認める|リップル社と提…

世界200カ国以上で送金サービスを提供する大手送金企業ウェスタンユニオン。同社CEOのOdilon Alme…

すずきまゆこ / 1003 view

元)仮想通貨まとめの志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今まで記事を読んで頂きありがとうございました。
2月でこちらを去りますが、またどこかで記事を読んでいただけることを願っております。