最も先進的な電子国家エストニア共和国が、e-Residencyプログラムの一貫として、
国家による世界初のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の実施を計画していることを明らかにした。
仮想通貨「エストコイン」を発行する。

ICOとは、度々耳にすることかと思いますが、
新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」と言われるもの。
株のIPOと近い性質をいくつかもった資金調達で、
現在ICOは熱い人気の的にまっています。
日本ではCOMSAをご紹介していますが、仮想通貨、
ブロックチェーンと並び、ICOの時代になるのではないかとも言われています。

現時点では、「検討」「計画」として報じられていますが、
予告サイトも公開されているといいます。
ここで実現されれば、国が初めて行うICOとなるのです。
もともとエストニアの頭脳は、日本人が乗り込んでも
“ただの人”になるという国全体がIT国家。

エストニア「国家ICO」の意義と現在の公的サービスの電子化

エストニアは公的サービスの電子化を進めており、仮想通貨の活用でさらに利便性を高める狙いがある。

e-Residencyプログラムのマネジングディレクター
(エストニア政府の電子化担当を務める)“カスパー・コルジャス氏”が、
エストニアの国家初ICOについて伝えています。

すでに準備サイトを開設している。同国は外国人にインターネット上で自国民に準じた行政サービスを提供する「電子居住権」制度を始めている。ICOはその取り組みの一環として実施する。

ICOの仕組みをご存じの方は読み飛ばしてくださいね。
一般的に多いICOで資金調達は、参加(資金投資)をしてくれた方に、
企業で発行する独自トークンを付与することがほとんどです。
トークンは、企業が大きくなったり、トークンが上場した場合に、
価値が大きく何十倍にもなってきている実績があります。
もちろん、上場できずダメな場合もありますが、
エストニアがICOをするということは、大きな意味がでてきます。
冒頭の記事では仮想通貨「エストニア」と記されていますが、
ICOの段階では、まだ仮想通貨ではなく
独自のICOトークン「エストニア」の発行となります。

ただし、以前よりエストニアは国の仮想通貨エストニアの発行について、
発表されていることを報じられており、
発行されるものが法定仮想通貨エストニアになるのかどうかも
注目するところかもしれません。
まだまだ情報は途中段階となります。

ここで発行される「Estcoin」は、エストニア政府が発行・管理するが、世界中の誰もがアクセスすることができる。

既に「e-Residency」と呼ばれる公的サービスの電子化を進めており、
インターネットを通じて受けることができる基本を構築しています。

関連するまとめ

HondaとVisa共同“世界初!ガソリン代車内決済”|自動車業界にもFinTech…

自動車の世界も幕開けです。Honda(ホンダ)とVisaの提携により、世界初の車内決済が発表されました!アプ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4921 view

リーマンショック級の金融危機が再来か?アメリカと日本の関係「不況再来」1/3

リーマンショック級の金融危機が再来か?悪夢の予兆が話されています。金融機関の破綻に繋がるのか、日本経済への影…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2912 view

仮想通貨Bitcoinで米国興味深い実験|市場への普及はアーリーアダプターと関係する…

米マサチューセッツ工科大学で行われた実験は、ビットコインと人の関心意識にかかわる結果がありました。最新テクノ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1939 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽