リップルとそのXRPトークンについてはまだ混乱がたくさんあります。BitcoinやEthereumなどの暗号化とは異なり、Rippleは同じ市場をターゲットにしていません。

There is still a lot of confusion regarding Ripple and their XRP token. Unlike cryptocurrencies such as Bitcoin and Ethereum, Ripple is not targeting the same market.

具体的には、ブロックチェーン技術を使用して金融部門をより効率的にしたいと考えています。彼らのコンセンサス元帳は、長年にわたって様々なパートナーから高い評価を受けています。

More specifically, the company wants to make the financial sector more efficient using blockchain technology. Their Consensus ledger has received high praise from various partners over the years.

Ripple(リップル)が、ビットコインやイーサリアムと全く同じものでなくとも、
リップルの成功からみて、トップ2のライバルとなるかもしれないと、
感じている人もいると伝えています。
それは、リップルのターゲット市場が他の仮想通貨と
異なるところに位置していることにむずびついているようです。

The Streetのレポートによると、Rippleは大きなことが起こる主要な立場にあります。

According to a report on The Street, Ripple is in a prime position to make big things happen.

Ripple(リップル)がこの先必ず必要になる「明白な理由」

デジタルソリューションに対する世界的な注目が高まる中、金融機関は時代遅れになるように適応するか、リスクをなくす必要があります。

With a growing global focus on digital solutions, financial institutions have to adapt or risk becoming obsolete. Embracing Bitcoin and Ethereum will most likely not happen anytime soon.

銀行は、ビットコインやイーサリアムを
「すぐ」に採用することは難しいでしょうと続いています。

XRPはRippleエコシステムのネイティブ資産であり、国境を越えたリアルタイムトランザクションを容易にするために使用できます。銀行がこの資産を使用する必要はありませんが、少なくともそれを検討することは有益です。

XRP is the native asset of the Ripple ecosystem, which can be used to facilitate real-time transactions across national borders. There is no requirement for banks to use this asset, but it can be beneficial to them to at least consider it.

プロジェクトは今、確かに多くの波を作り続けています。実際、同社はアジアの金融機関から多くの支持を得ています。その支援は、近い将来に限りますます増え続けます。

The project certainly is making a lot of waves right now. In fact, the company has a lot of support from Asian financial institutions. That support will only keep on growing for the foreseeable future.

今まで、世界で見ても日本国内で見ても、
金融業界がフィンティックに力をいれているのはわかります。
しかし、「金融セクターの革命」は、正直決して簡単ではありません。
それを実現させるチャンスは、「業界内」からだといいます。

ゆえに、ビットコインやイーサリアムに比べて、
リップルは銀行にとって意味があるのだと続いていました。

このコンセプトは、日常的な国境を越えた支払いを扱う機関には非常に魅力的です。資金は、非常に低コストで即座に移動することができます。XRPアセットを使用することで、これらのコストをさらに下げることができます。これは、金融取引には完全に適しています。

This concept is quite appealing to institutions dealing with cross-border payments on a daily basis. Funds can be moved instantly at very low costs. By using the XRP asset, these costs can be driven down even more.

このプロジェクトは、仮想通貨を生成する採掘に依存しておらず、
利用可能な供給の大部分は、会社の手元に残っています。
リップルのビジネスモデルは、長期的に成功することは確かです。

時価総額に基づいて、BitcoinとEthereumの両方を上回る可能性もあります。時間だけが教えてくれます。

It is certainly possible we will see this company succeed in the long run. It may even outpace both Bitcoin and Ethereum based on market cap. Only time will tell.

中国のAlibabaとRippleの関係

サンフランシスコに本拠を置くRippleは、世界的なメッセージングコンソーシアムであるSwiftを混乱させるために約1億ドルを調達しているが、目標は魅力的だ。

For Ripple, a San Francisco-based startup that has raised nearly $100 million to disrupt global messaging consortium Swift, the target is tempting.

先週、中国のAlibabaがRippleバリデーター・ノードを、
実行している可能性があると伝えていたところがあります。
リップルが中国へ参入したいと思っているのではないか……

大規模なサイズと高い接続性を備えたfintech関連のビジネスはどんなものでもあります。また、Alibaba(または、おそらく部門)がノードを実行していた場合、トークンの価格を押し上げる投機的な狂乱を避けるためには、それを静かに保つことが理にかなっています。

And if Alibaba (or, more likely, a division) were running a node, it would make sense to keep quiet about it to avoid a speculative frenzy that would push up the price of the token, which could in turn affect the terms of any deal.

中国の貿易への動きが激化しており、急速に変化する規制、
そして、高いコストで支払いの苦境が増しているようです。
また、中国の国境を越えた電子商取引の成長は、
さらに早く安い通貨の需要が必要ではないかと考えられます。

CEOのBrad Garlinghouse氏は、リップルが5年以内に、
消費者市場に侵入することを期待していると最近語っていました。

明らかな戦略的利益を考えれば、関与する主な関係者は少なくとも話し合っている可能性が高い。

Given the obvious strategic benefit, it is likely that the main parties involved are at least talking.

関連するまとめ

仮想通貨リップル(XRP)が上昇する6つの理由|乗り遅れたくない新規が参入か

リップル(XRP)の上昇が続いており、その理由6つを集めてみました。もしかして数日間で116円になるでのはな…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10375 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。