リップルとそのXRPトークンについてはまだ混乱がたくさんあります。BitcoinやEthereumなどの暗号化とは異なり、Rippleは同じ市場をターゲットにしていません。

There is still a lot of confusion regarding Ripple and their XRP token. Unlike cryptocurrencies such as Bitcoin and Ethereum, Ripple is not targeting the same market.

具体的には、ブロックチェーン技術を使用して金融部門をより効率的にしたいと考えています。彼らのコンセンサス元帳は、長年にわたって様々なパートナーから高い評価を受けています。

More specifically, the company wants to make the financial sector more efficient using blockchain technology. Their Consensus ledger has received high praise from various partners over the years.

Ripple(リップル)が、ビットコインやイーサリアムと全く同じものでなくとも、
リップルの成功からみて、トップ2のライバルとなるかもしれないと、
感じている人もいると伝えています。
それは、リップルのターゲット市場が他の仮想通貨と
異なるところに位置していることにむずびついているようです。

The Streetのレポートによると、Rippleは大きなことが起こる主要な立場にあります。

According to a report on The Street, Ripple is in a prime position to make big things happen.

Ripple(リップル)がこの先必ず必要になる「明白な理由」

デジタルソリューションに対する世界的な注目が高まる中、金融機関は時代遅れになるように適応するか、リスクをなくす必要があります。

With a growing global focus on digital solutions, financial institutions have to adapt or risk becoming obsolete. Embracing Bitcoin and Ethereum will most likely not happen anytime soon.

銀行は、ビットコインやイーサリアムを
「すぐ」に採用することは難しいでしょうと続いています。

XRPはRippleエコシステムのネイティブ資産であり、国境を越えたリアルタイムトランザクションを容易にするために使用できます。銀行がこの資産を使用する必要はありませんが、少なくともそれを検討することは有益です。

XRP is the native asset of the Ripple ecosystem, which can be used to facilitate real-time transactions across national borders. There is no requirement for banks to use this asset, but it can be beneficial to them to at least consider it.

プロジェクトは今、確かに多くの波を作り続けています。実際、同社はアジアの金融機関から多くの支持を得ています。その支援は、近い将来に限りますます増え続けます。

The project certainly is making a lot of waves right now. In fact, the company has a lot of support from Asian financial institutions. That support will only keep on growing for the foreseeable future.

今まで、世界で見ても日本国内で見ても、
金融業界がフィンティックに力をいれているのはわかります。
しかし、「金融セクターの革命」は、正直決して簡単ではありません。
それを実現させるチャンスは、「業界内」からだといいます。

ゆえに、ビットコインやイーサリアムに比べて、
リップルは銀行にとって意味があるのだと続いていました。

このコンセプトは、日常的な国境を越えた支払いを扱う機関には非常に魅力的です。資金は、非常に低コストで即座に移動することができます。XRPアセットを使用することで、これらのコストをさらに下げることができます。これは、金融取引には完全に適しています。

This concept is quite appealing to institutions dealing with cross-border payments on a daily basis. Funds can be moved instantly at very low costs. By using the XRP asset, these costs can be driven down even more.

このプロジェクトは、仮想通貨を生成する採掘に依存しておらず、
利用可能な供給の大部分は、会社の手元に残っています。
リップルのビジネスモデルは、長期的に成功することは確かです。

時価総額に基づいて、BitcoinとEthereumの両方を上回る可能性もあります。時間だけが教えてくれます。

It is certainly possible we will see this company succeed in the long run. It may even outpace both Bitcoin and Ethereum based on market cap. Only time will tell.

関連するまとめ

あのGoogleまでもが、仮想通貨業界に参入!

Googleが出資したことで話題となった「ripple(リップル)」。 仮想通貨業界でも画期的なシテムである…

Rie Yamauchi / 9992 view

合言葉はアップルよりリップル?Rippleの可能性を感じてワクワクする動画

アップルよりリップル?Rippleの可能性を感じてワクワクする動画です。

仮想通貨まとめ編集部 / 5656 view

Googleが出資するripple(リップル)を購入しよう!

Googleが出資するripple(リップル)の購入方法について、詳しくご紹介します(・´з`・)

Rie Yamauchi / 11138 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽