BitcoinとBitcoin-Cashの現在の開発を通じて、Ethereumは暗号コミュニティの背景に多少なりとも入りました。今度は、ハードフォークによって9月の終わりに次の大きなアップデート ”メトロポリス”が発表されました。

Through the current developments of Bitcoin and Bitcoin-Cash, Ethereum moved somewhat into the background in the crypto-community. Now it was announced that the next big update “Metropolis” at the end of September by a Hard Fork.

Ethereum Developersは次の大きなアップデートの最初の部分を発表しました。 ”メトロポリス”は2017年9月の終わりに実行されます.Bitcoinのように、これはHardForkを通して起こります。

Now the Ethereum Developers announced the first part of the next big update ”Metropolis” will be carried out at the end of september 2017.
Like Bitcoin this will happen through a HardFork.

仮想通貨(暗号通貨)市場第2位に位置している、イーサリアム(Ethereum)ですが、
以前より計画されていたハードフォークが9月下旬との発表がありました。
予測していた時期より少し遅れていましたが、
大きなアップデートであるメトロポリス(Metropolis)が実行される予定です。
難しい用語も続きますが、初心者さん向けご紹介いたします。

イーサリアム(Ethereum)3段階目の計画「メトロポリス(Metropolis)」とは

Ethereumの予定駅はEthereum Roadmapにあります。Ethereumコミュニティは、メトロポリスがEthereumの新機能を実装する予定であるため、今年の初め以来、熱心にリリース日を待っています。

The planned stations of Ethereum can be found in the Ethereum Roadmap. Since the beginning of the year, the Ethereum community is eagerly waiting for a release date, because Metropolis will implement new features for Ethereum.

イーサリアム(Ethereum)のロードマップの予定駅……などと書かれていますが、
簡単に言うと、発展途上中であり、計画では4度のアップデートを行う予定図になっていると捉えています。
メトロポリス(Metropolis)は、計画図でいうと、3番目のリリースになるのです。

1.フロンティア(Frontier)→2.ホームステッド(Homestead)
そして、今回の3.メトロポリス(Metropolis)です。

※4番目の最終はセレ二ティ(Serenity)と記されています。

今回のメトロポリス(Metropolis)(イーサリアム3.0)
アップデートに含まれる可能性がある変更の詳細は

メトロポリスには、2つの以前のバージョンのエーテル、「ホームステッド」(昨年3月リリース)、「フロンティア」(2015年7月にデビュー)が続きます。

Metropolis follows two previous versions of ethereum, ’Homestead’ (released last March) and ’Frontier’, which debuted in July 2015.

少し例える表現は異なりますが、イメージをしていただくと、
パソコンでのセキュリティソフト(ウィルス対策ソフト)や、スマホなどでも、
「バージョンアップ」や「アップグレード」など行われますね。
※内容が同じということではなく、あくまでもイメージでとらえていただくと混乱されないかと思われます。

ただし、ハードフォークという用語が登場します。
ハードフォークは、簡単にお伝えすると、以前の仕様ではなく、
新しい仕様に変えてしまうアップデートです。

イーサリアム(Ethereum)の「メトロポリス(Metropolis)」で何が変わるの?

「イーサリアム」を生んだ
ヴィタリック・ブテリン氏が述べた(書かれた)とされる言葉を紹介すると、

「過去1年半の間に、Ethereum Coreの開発チームと研究チームは、昨年の進展を踏まえ、昨年のセキュリティ問題の謎を解きほぐし、仕事はメトロポリスハードフォークの実装。

”During the last month and a half, the Ethereum Core development and research teams have been building upon the progress made in the last year, and with the specter of last year’s security issues now well behind us, work has [begun] full force on implementing the Metropolis hard fork.”

昨年のことを思い出すと、The DAO(ダオ)のハッキング事件がありました。
ハードフォークを行なったイーサリアムに分裂騒動が起こり、
イーサリアム・クラシックが誕生しました。

※「The DAO」が攻撃された事件であり、イーサリアムの脆弱性ではありません。この事件については、昨年誤った解釈が流れて情報が錯綜された時期がありましたので、興味のある方は、後で関連記事をご覧くださいね。

こうした経緯をふまえた結果か、今回のメトロポリス(Metropolis)には、
3つの改革がなされる予定だと伝えられています。

「匿名」

メトロポリスでは、いわゆるzk-snarkの基礎が築かれます。これらの「ゼロ・ナレッジ・プルーフ」により、将来、エテリアム・ブロックチェーンが匿名取引を実行できるようになります。

In Metropolis the basis for the so-called zk-snarks is to be laid. These “Zero Knowledge Proofs” will allow the Ethereum Blockchain to perform anonymous transactions in the future.

「プログラミングの軽減」

アップグレードにより、プログラマーにとってより簡単なプログラミングが可能になります。スマートコントラクトも簡素化する必要があります。

The upgrade provides for easier programming for programmers. Smartcontracts should also be simplified.

簡単になることで、現在のプログラマーのプレッシャーが軽減されると思われますが

取引が実行されたときにガスを調整し、請求書を決済してコストを節約する。

Gas is to be adjusted when a transaction is executed, to settle the bill and thus save costs.

関連するまとめ

億も夢じゃない?! 今がチャンスの仮想通貨投資

高騰し続けるイーサリアム! 仮想通貨の勢いは止まりませんね。 資産形成には、もう仮想通貨の存在は無視出来ませ…

Rie Yamauchi / 25433 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。