「数少ない正しい道を歩く国」と評価している声もあるスイスをご紹介します。

スイスの資産運用会社、ファルコン・プライベート・バンクは仮想通貨のイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの取り扱いを始めた。
同社は7月からビットコインを扱っており、計4種類の仮想通貨に対応するのは主要な運用会社では世界初という。

先日発表されたプレスリリースの中に記載されていたことは、
市場における「戦略的再配置を可能にするため」
仮想通貨を導入するに至ったと綴られています。

また、グローバルリーダーを勤める
Arthur Vayloyan氏のコメントも残されています↓↓↓

「ビットコインを導入した当初の反応はとても励みになるものでした。新たに3種のブロックチェーンアセットも加わり、将来的なお客様のニーズを叶えることができると確信しています」
同15日にはスイスクオート他のサイトへがルクセンブルクの取引所、ビットスタンプとともにビットコイン投資を提供すると明らかにした。ビットスタンプは欧州連合(EU)で唯一公認の仮想通貨取引所で、30万3千人の顧客を抱える。

スイスのファルコンプライベートバンク「仮想通貨は長期的に上昇する」

世界中で見てみると、

ビットコインを使えば銀行やカード会社を介さずに、匿名で決済できる。政府の介入を嫌いテクノロジーに明るい人々は、国家や銀行に縛られないビットコインを歓迎している。

仮想通貨ビットコインや他のアルトコインの取引価格は、
ここ数か月でも大きく跳ね上がっています。
ビットコインでみても、つい数週間前から約10万円プラス、
さかのぼること約年前は、1BTCで650ドル(当時約7万円近く)でした。

投機家が多くの仮想通貨で儲けているというニュースは、様々な理由で塩漬けになっている金融資産への関心を広げた。
スイスビットコイン協会のルーカス・ベッチャート会長は、ビットコイン価格は時に極度に変動が大きくなるものの、長期的にみて上昇を続けると確信する。
ベッチャート氏はスイスインフォの取材に対し、「ビットコインを保有できる銀行は他に聞いたことがない」と述べた。「(ファルコンの参入で)人々は技術的なノウハウなしで安全にビットコインを保有できるようになる。他のスイスの銀行に対する呼び水になると期待される」

しかし、あとでもう少し詳しくお伝えする中に含まれる
スイスの金融の厳しい規制があります。
多くのスイス銀行は、脱税をめぐって「厳しい取り締まり」を
受けているといい、マネーロンダリングなどの恐れをもっています。

関連するまとめ

世界ビットコイン取引所「Quoine」日本移転|1000倍以上にスケールする可能性を…

世界4位のビットコイン仮想通貨取引所QUOINE(コイン)が日本本社に移動。17億円の資金調達発表、B2Bに…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4960 view

ビットコイン要注意!!もうすぐ価格“上昇”5つの要素|仮想通貨Bitcoinの夏

仮想通貨ビットコインの価格が上昇する可能性が出てきたと伝えられています。数日中とも今年の夏終わりまでにと伝え…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4663 view

CloudTip(クラウドチップ)仮想通貨でいいね!感謝、応援を投げ銭|TV「ビット…

「ありがとう」「頑張れ」「よかった」気持ちや感謝を伝える時Bitcoinなどで贈るプラットホームがあります。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2135 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽