「数少ない正しい道を歩く国」と評価している声もあるスイスをご紹介します。

スイスの資産運用会社、ファルコン・プライベート・バンクは仮想通貨のイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの取り扱いを始めた。
同社は7月からビットコインを扱っており、計4種類の仮想通貨に対応するのは主要な運用会社では世界初という。

先日発表されたプレスリリースの中に記載されていたことは、
市場における「戦略的再配置を可能にするため」
仮想通貨を導入するに至ったと綴られています。

また、グローバルリーダーを勤める
Arthur Vayloyan氏のコメントも残されています↓↓↓

「ビットコインを導入した当初の反応はとても励みになるものでした。新たに3種のブロックチェーンアセットも加わり、将来的なお客様のニーズを叶えることができると確信しています」
同15日にはスイスクオート他のサイトへがルクセンブルクの取引所、ビットスタンプとともにビットコイン投資を提供すると明らかにした。ビットスタンプは欧州連合(EU)で唯一公認の仮想通貨取引所で、30万3千人の顧客を抱える。

スイスのファルコンプライベートバンク「仮想通貨は長期的に上昇する」

世界中で見てみると、

ビットコインを使えば銀行やカード会社を介さずに、匿名で決済できる。政府の介入を嫌いテクノロジーに明るい人々は、国家や銀行に縛られないビットコインを歓迎している。

仮想通貨ビットコインや他のアルトコインの取引価格は、
ここ数か月でも大きく跳ね上がっています。
ビットコインでみても、つい数週間前から約10万円プラス、
さかのぼること約年前は、1BTCで650ドル(当時約7万円近く)でした。

投機家が多くの仮想通貨で儲けているというニュースは、様々な理由で塩漬けになっている金融資産への関心を広げた。
スイスビットコイン協会のルーカス・ベッチャート会長は、ビットコイン価格は時に極度に変動が大きくなるものの、長期的にみて上昇を続けると確信する。
ベッチャート氏はスイスインフォの取材に対し、「ビットコインを保有できる銀行は他に聞いたことがない」と述べた。「(ファルコンの参入で)人々は技術的なノウハウなしで安全にビットコインを保有できるようになる。他のスイスの銀行に対する呼び水になると期待される」

しかし、あとでもう少し詳しくお伝えする中に含まれる
スイスの金融の厳しい規制があります。
多くのスイス銀行は、脱税をめぐって「厳しい取り締まり」を
受けているといい、マネーロンダリングなどの恐れをもっています。

ファルコンはトラブル防止のため、ビットコインの利用者に対し「厳格な本人確認」規則を適用する予定だ。

仮想通貨で「租税回避地」としてのスイス復活

一度は耳にしたことのあるプライベートバンク。
この言葉は、金融大国のスイスにふさわしい言葉でした。しかし

09年にはアメリカの司法省と税務当局が、脱税を幇助しているとしてスイスの銀行大手UBSとクレディ・スイスに巨額の罰金を科し、口座を所有するアメリカ人脱税者の情報を提供するよう、スイスの銀行業界に迫った。

私の知り合いでも、スイスの金融関係に出入りしているいわゆる元銀行員がいます。
彼らは富裕層の個人的な相談役として、スイスの金融関係とながく繋がりをもっています。
しかし、公言できないことはあるにしろ、むかしむかしのスイスの金融と、
今のスイスは明らかに異なります。
こうした外部との「規制」問題が中心に身動きがとれないこともあるのでしょう。

世界金融危機の余波でアメリカが国外の秘密口座を厳しく取り締まるなか、金融大国スイスは生き残り策を模索している。
ニゴライスン氏は「私の知る限り、ファルコン・プライベート・バンクは仮想通貨の資産を顧客に直接提供する世界初のプライベートバンクだ」と話す。

関連するまとめ

『ビットコイン』の健全化で何が起きる?放置から法整備へ、利用者の増加に期待の声

『ビットコイン』が電子マネーと同様の交換機能があることが認められた。G7各国はすでに関連法が整備され、日本は…

情報発信基地『DIVE』 / 2676 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
4月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。