※価格は随時変動しますので、必ずご自身でもご確認くださいね。

今週は大興奮の仮想通貨ビットコイン独走体制。
壁という壁を、ガンガン突き破り進む高騰ぶりに、
ちょっと、そろそろ売り時なのかな……なんだか怖いけど、どうしよう。
そんな落ち着かない方もいるようです。
そうですね、昨日も40万円、41万円、42万円……先ほど昼前は45万円。

つい先週1週間前の価格をおぼえていますでしょうか。
32万円か33万円かといいわれた壁を突破し、最高値を更新していました。
すでに10万円も動いている驚異の高騰ぶりです。

最終的な着地点価格の予測は、いろいろと聞くものの、
今回の異常な上昇について、取引量で導いた要因のひとつをご紹介します。
安心材料か不安材料になるか、米国の取引量がふたたび戻ってきているようなのです。

仮想通貨ビットコインの高騰ぶりを予測していた「Vinny Lingham氏」

突破した45万円台($3840.68)

Bitcoinは今日、短期間で3800ドルを超えました。数日前、シビックのCEO、Bitcoinの価格予測専門家Vinny Lingham氏は、Bitcoinが月にちょうど3800ドルで月に行くことをTwitterに掲載した。

Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏の予測は、今まで何度かご紹介してきましたが、
彼はビットコインやイーサリアムについて度々発言をしています。

特にBitcoin CashやSegWit2よりもさらに論争が生じる可能性がありますが、Bitcoinは複雑な状況にうまく対応できると市場は認識しています。
価格が3504ドルを超えなければ、パーティーは終わり、価値は崩壊するだろうという1つの投資源です。3800ドル以上のこの最新の実行は、暗号侵害の安定性を示すはずです。

プレス時、この値は3700ドルを3787ドルまで上回り、上昇傾向を続けていました。

そして、本日、3,800ドルを一度達成したこととなります。

米国と北朝鮮「緊張の高まり」影響が少ないと考えるビットコイン準備

実際に24時間でどの取引所が取引があるのか確認したところ、
久々にUSDでの購入が増えている様子が見えました。
最近ではドルでの購入量は気になる数値は出ていませんが、
ここ数日間は、明らかにドルでの購入に動きがありました。

24時間の取引ボリューム(ビットコインに限定)の第二位が
BitfinexでのUDSからBTC購入です。
5位にはGDAXで同じくUSDでBTC購入

その他では中国など。

JPY(日本円)でBTC(ビットコイン)を購入している取引量は
ビットフライヤーが10位に入っていました。

世界のあの動きが関係しているかもしれないと探してみたところ、
やはり意見がだされていました。
それが、米国と北朝鮮との関係についてです↓↓↓

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2017.6.18|上位変動と「125%上昇」アルトコインの存在

6月18日の仮想通貨ランキングは、30位までほとんどが大移動の混雑具合です。特に上位までも動きました。そのコ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12066 view

仮想通貨ランキング2017.8.6|Bitcoin高騰で最高値“1,000憶ドル市場…

今週のランキングは上昇の色ばかりですね。仮想通貨市場規模が落ちていましたが、1,000億ドルを超え市場が戻っ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9310 view

仮想通貨ランキング2017.7.30|アルトコイン上位3つ動く「新規参加者待機中」最…

仮想通貨ランキングの今週はビットコインの様子見が大きかったようです。しかしアルトコイン上位が急激な回復を見せ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9610 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽