「アルトコイン」ってよく聞くけれど、そもそも何・・・?

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味です。
アルトコインとはAlternative Coinの略でビットコインの代わりとなる仮想通貨のことを指します。
ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

アルトコインは、コインの名前そのもののことを言うのではないのですね。
ビットコイン以外の仮想通貨を総称して言うのだということが分かります。

ビットコインの代わりの仮想通貨の種類ってどれくらいあるの?

・ライトコイン
・リップル
・エセリウム
・ダッシュ
・ドージコイン
・ビットシェアーズ
・ステラ
・ピアコイン
・ネクスト

その他多数存在します。日々多くのコインが誕生しています。

その数1000以上、続々と生まれる「アルトコイン」

アルトコインはビットコインに勝てないの?

関連するまとめ

仮想通貨はお金なの? ビットコインはポイントや電子マネーと何が違うの? 初心者向けQ…

今さら聞くのが、恥ずかしいと思わないでください。ビットコインを知らないのは、あなただけではありません。法案が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3510 view

ビットコインが経済危機を救うと言われているのに、なぜ日本では基軸通貨になれないの?

世界各地でいつ起こるか分からない経済危機ですが、経済危機に陥った国の人々をビットコインが救ってくれるかもしれ…

ねもとあい / 3040 view

仮想通貨はもうなくならない?

仮想通貨が開発された今と今後は?

仮想通貨のmiracleさん / 1653 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。