公式ページでは、TenXチームの投資家として数名紹介されていますが、あのイーサリアムのエテリアム&フェンブシベンチャーファンドの顔もありました。

TenX | Making Cryptocurrencies Spendable Anytime Anywhere

TenX | Making Cryptocurrencies Spendable Anytime Anywhere

TenXのPAYトークン(仮想通貨)市場で動く

深夜の仮想通貨市場ランキングで28位に顔を出しているTenX(朝7時は32位)
TenXの仮想通貨(トークン)は、覚えにくかもしれませんがPAYの単位で呼ばれます。
1日から見ても、価格はすでに2倍なので120%となっています。(細かい数値で133%)
急な伸びというよりも、ICOが行われるという事前オフレコから注目されていたスタートアップなのです。

ICOについては、今までご紹介してきましたが、新しい資金調達方法としても注目されています。仮想通貨のIPOに近く、資金を提供してくれた相手には、主にデジタルトークン(仮想通貨)が発行されることが多いのです。トークン(仮想通貨)に価値がつけば上場ととも一般で売買されるようになります。↓↓↓

わかりやすく言うと、これらのトークン自身がその企業やプロジェクトに固有の暗号通貨を形成し、その企業が成功していれば、所有者は後に二次市場で取引して利益を得ることができる。

6月にICOが終了したTenXのPAYトークンは、上場となり7月からトレードが可能となりました。ICOに参入できなかった人が、今度は一般に売買をするということになります。

TenXは、異なる全てのブロックチェーン間が接続され「迅速かつ安全な取引」を実現するプロトコルを開発したスタートアップ。イメージとしては公式ページの↓↓↓図

TenX | Making Cryptocurrencies Spendable Anytime Anywhere

TenX | Making Cryptocurrencies Spendable Anytime Anywhere

TenXは複数のブロックチェーンにわたるブロックチェーン資産をサポートしています。
「TenXは、暗号化に関わる人々にとって最大の問題の1つ、実際に通貨を使う方法を解決する方法を考え出しています。

「解決する方法を考えている」その言葉通りのスタート
6月から受付開始されている、ここが今までにないものだと関心をよんでいます↓↓↓

仮想通貨(暗号通貨)を使えるデビットカード TenX(テンエックス)

今までの仮想通貨が使えるカードと“違う”のは、

見た目は一般的な銀行のデビットカードと変わらないが、ビットコインなどの仮想通貨を円など法定通貨に変換してから支払うため、ビットコインを受け付けない店舗でも使えるのが特徴だ。

関連するまとめ

「( ´∀`)<オマエモナー」がコインの元!?

2ch発の仮想通貨、モナーコイン(Monacoin)。 コインのデザインの「モナー」には、ふざけていると感…

松本のぶよし / 1874 view

仮想通貨ゴーレム(Golem)数日で2倍に|あのRippleが再来か!?注目のアルト…

アルトコインに注目が集まっています。その中でも、ここ数日で2倍にまであげているキラー存在がいます。それが仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 23940 view

アルトコイン短期トレードにオススメ! 「トレードシグナルbot」とは?!

ビットコインの価格上昇に伴い、アルトコイン投資が注目されていますね。 アルトコインはビットコインよりもボラテ…

Rie Yamauchi / 4639 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽