丸井グループリリース

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井浩)は、2017年8月7日(月)より、国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三)が提供するアプリ「bitFlyer ウォレット」による、仮想通貨『ビットコイン』決済サービスの試験導入を、新宿マルイ アネックスで開始いたします。
仮想通貨『ビットコイン』でお支払いができる決済サービスを試験導入~導入記念キャンペーンも開催~|株式会社丸井グループのプレスリリース

仮想通貨『ビットコイン』でお支払いができる決済サービスを試験導入~導入記念キャンペーンも開催~|株式会社丸井グループのプレスリリース

株式会社丸井グループからのプレリリース情報から↓↓↓

 国内においてビットコインで支払いができる決済サービスは、現在飲食店や家電量販店などを中心に導入されており、今年4月の改正資金決済法の施行による安全性の向上や、ビットコイン保有者の急増にともない、ビットコインを使える店舗は今後急速に拡大すると言われています。
 当社グループはそのような世の中の動向を踏まえ、今後よりよい決済サービスを提供することで、お客さまの利便性向上を実現するべく、今回の試験導入にいたりました。

記憶に新しいところでは、日本国内ではビックカメラでの導入があり、投資家以外の一般ユーザーにも拡散された経緯があります。当初は2店舗での導入、そして秋葉原店でも導入。その後、思った以上の反響と利用があり、全店での導入となりました。
メガネ店のメガネスーパーでも最初から全店での対応を発表し、いっきに広がったといえるのではないでしょうか。
それまでも飲食店や歯科など、様々なところで利用できたとは言え、な周知されるためには、もっと利用できる場所を拡大していく必要があるとも言われてきました。

決済方法と期間

 今回、新宿マルイ アネックスにおきましては、QRコードが映ったタブレットの画面をスマートフォンカメラで読みとるだけの、わずか数秒でお支払いが完了となります。

決済にはビットフライヤーが提供する専用アプリ「bitFlyer ウォレット」を使用します。
上限額は、1会計につき10万円相当の仮想通貨ビットコイン
店舗はQRコード表示タブレット画面を、顧客のスマートフォンカメラで読み取る仕様と紹介されています。

導入期間は、まずは2017年8月7日から10月31日まで、導入店舗は、一部フロアとショップ除いた新宿マルイアネックス

飲食店や喫茶店など一部のテナントは対象外とする。

また、今回の導入に際し、導入店舗の新宿マルイアネックスにて、仮想通貨ビットコイン決済サービス導入キャンペーンが同時開催されます。
↓↓↓

期間中、新宿マルイ アネックスで「bitFlyer ウォレット」を使って、税込3000円以上のビットコイン決済をしたお客さまの中から、毎月抽選で10名様に、3000円相当のビットコインをプレゼントいたします。

関連するまとめ

ビットコインは税金対策になるの? 仮想通貨はタックスヘイブンへの夢想か

仮想通貨ビットコインで資産管理をする方も増えてきました。さらに違う視点を利用して「ビットコインを使って」投資…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3304 view

仮想通貨ビットコイン暴落|資金移動できない反論と15億ドルFinTech立上“中国の…

中国が仮想通貨ビットコイン取引の調査をすると報じられてから暴落している数日間。しばらくは取引をせず、じっと様…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7326 view

アプリ“副業まとめ”起動だけでポイント|仮想通貨ビットコインが無料(タダ)でもらえる

こんなに話題の仮想通貨が気になるけれど、“購入”にはストップがかかってしまう。まだ不安、難しい、よく分からな…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11955 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽