先日ある投資入門セミナーのようなものに、今の投資セミナーがどんなことをしているのか勉強のために、そっと都心のある場所に参加してきました。
ン百人ほどいましたが、正直言えば残念な内容で、何も「実践」に結び付かないという感想……
内容を言うと、どこのか分かってしまいますので、そこは控えさせていただきます。
参加されている方を見ていると、大事な自分の「マネー計画や未来図」を作成していない方が多かったようです。とっても、勿体ないと感じています。

投資のリスクヘッジと耳にすると思いますが、必ずしも数字だけで読むものではないのです。しかし「分散投資」をどう行うかも、情報料や生活スタイルにより個人で大きくかわりますね。

そこで、勝ち組投資家の知恵が隠されたポートフォリオを一挙公開する!

今回は「仮想通貨」を含めたポートフォリオだけではなく、含めていない方のも少しだけ比較でご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポートフォリオとは「ご存じの方は読み飛ばしてください」

ポートフォリオという用語には複数の意味があります。
金融や投資のポートフォリオは、現金、預金、株式、債券、不動産、事業投資、などのマネー商品となる一覧や組み合わせの内訳(例えば株式なら銘柄やIPOなど詳細)をいいます。なぜかはリスク分散の意味が大きいのですが、ここが分かりやすいですね↓↓↓

もう少し詳しく説明すると、投資家はリスク管理のために自らの資産を複数の金融商品として分散することがあります。このリスク管理については、よく「卵」と「かご」の話に例えられます。卵を1つのかごに入れてしまうと、そのかごが落ちたときにすべての卵が割れてしまいますが、1つずつ違うかごに入れておけば、たとえ1つのかごを落としてしまっても、ほかの卵は安全です。このように、資産家もみずからの資産をさまざまな種類の金融商品に分けて投資することで、リスクヘッジを図っているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「仮想通貨」一点狙いのポートフォリオ

下記でご紹介する知る人ぞ知る
ヴィジュアル系投資家の白石咲華氏のポートフォリオは正直「仮想通貨」オンリーといってもいいほどの割合です↓↓↓

【暗号通貨特化型】白石咲華さんのポートフォリオ
暗号通貨:60%
日本株:20%
事業投資:10%
現金:10%

しかし、過去を振り返ると、1年前は仮想通貨(暗号通貨)は20%だったのです。
また提示時は60%となっていますが、現在は70%だといいます。
大雑把すぎますが、仮に全資産1,000万円あったとすると、仮想通貨に700万円という割合になります。
数字を当てはめると、かなり仮想通貨一本型に近いともいえます。

これではリスク分散にならないのではないかと声がでそうですが、仮想通貨の銘柄分散で「リスクを低減」しているといいます。しかし、なぜここまで仮想通貨へ資金を移動するのでしょうか。

「ただ、暗号通貨の市場が拡大していくことは予想できました。日本にいると実感しにくいが、世界には“アンバンクド”と呼ばれる銀行口座を持てない人が30億人もいて、スマートフォン1つで暗号通貨を送金し合っている。

アンバンクト(unbanked)とは当サイトでも何度もでてきた言葉です。日本では銀行口座を持ってない人(持てない人)は、ほとんどいないので、なじみのない言葉です。しかし、世界では、本人が持ちたい持ちたくないの意思をおいといて、銀行口座がない、もしくは金融が近くにない、様々な条件で持てない人もいます。銀行口座維持の手数料が高くて持てないということもあります。また女性は持てないという国や時期がありました。最近は30億から20億に減ったとも言われていますが、ここは定かではありません。

また、現在の世界人口が76億人と言われていますので、年齢を考慮しないとしても銀行口座を持たない人の割合が多いことがわかりますね。

それに、法定通貨が恒常的なインフレで希薄化していくような国や、外貨規制の厳しい国では、暗号通貨の需要は大きい。それに、日本でも法整備が進み、今後FXのように市民権を得ていく可能性が高い。だから、暗号通貨への投資を多くしているんです」

本来、日本人は「お金儲け」が好きだと言われているようです。過去の歴史を振り返ると日本人がきっかけとなり始まったことなどもあります。しかし、表面上は関心が無いようにされている方が多いのは、日本ではお金に対しての社会的な視線が外国と異なるからかもしれません。

実際、暗号通貨の市場規模は時価総額にして9兆円に達した。直近の5月の3週間だけで、全体の半分を超える5兆円もの巨額資金が流入したのだ。

仮想通貨の割合が多いポートフォリオのメンテナンス

暗号通貨に偏ってますが、ビットコインやリップル、イーサリアムなど、複数に万遍なく分散投資してます」
暗号通貨一本勝負に見えて、株でいうところの銘柄分散をしているというわけだ。では、ポートフォリオの定期メンテナンスであるリバランスは何を基準に行っているのだろう。
暗号通貨はボラティリティが大きいので、数か月に1回はチェックしてます。
ただ、ポートフォリオ全体ではリスクを抑えようとしてます。兼業トレーダーなのでチャートに張り付いたりはできないし、必然的に短期トレードはできない。結果的に、長期で安定的に運用する王道に近づいてます(笑)。

関連するまとめ

仮想通貨市場バブルか「40億ドル増」|ビットコイン以外の主要“暗号通貨”も上昇

米SECが、仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)化を否認したことで、価格が一時急落しましたが、すぐに…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9683 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。