Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)実行するも支持が1%“分裂は可能か”

世を現在進行形で騒がせるビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が、ビットコインのブロック高478558よりソフトウェア・クライアント「Bitcoin ABC」でBitcoin Cashのプロトコルに切り替わったことが、8月1日10時24分に確認された。

ブロックだのプロトコルだの、何を言っているのか、初めての方には最初から放り投げたくなる言葉ですね。
ほんの少しだけ簡単にしてしまうと、仮想通貨ビットコインは、取引(例ですとAさんからBさんに1ビットコインを送金したなど)を承認して、ブロックチェーン(分散台帳)にデータを書き込んでいきます。台帳に記録していくのですが、それをマイナー(採掘者)が行っています。ここでは採掘者といいますが、実際に処理しているのは機械であり、その機械の所持者がいますね。
その記録をしていくマイナーの支持が、あまり集まらなかったため、各誌では「低調」なスタートだと報じているのです。

また、さらに一歩詳しくしますと、今回の低調なスタートなのは、おそくらく予想よりも下回っているのかもしれません。

支持するマイナーがごく少数しかおらず、最初のビットコインキャッシュがマイニング(採掘)して生み出されるまでに6時間近くを要したようです。

ニュアンスが雑すぎますが、マイニングのお礼にビットコイン(ここではビットコインキャッシュ)を受け取るわけです。※ここも、もう少しきちんとお話するとニュアンスがかわりますので、概要で知っていただければ話はスムーズに読んでいただけると思います。

また、なぜこれほど時間がかかるのかは、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)に当てられているハッシュレート↓↓↓

ViaBTCが運営するマイニングプールのデータによれば、Bitcoin Cashに当てられているハッシュレートは70~90P Hash/s(ペタハッシュ毎秒)で、ビットコインが抱える6.3E Hash/s(エクサハッシュ毎秒)に比べると、1.5%にも満たない計算力となる。(ViaBTC)

6ブロックの採掘ができなければ正式な「分岐」にならない

ビットコインのブロックはおよそ10分に1度生成されるように難易度が調整されているため、1.5%のハッシュレートしかもたないBitcoin Cashは、12時間(720分)近く採掘しなければ新しいブロックを1つ生成することができない。
また、新しいブロックが見つからない場合、Bitcoin Cashを放棄することも可能です。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、少なくとも「6ブロック」を採掘しなければ、正式にはブロックチェーン分割の完了にはならないということなのです。

Bitcoin Cashには新しい難易度調整アルゴリズムが内蔵されているが、それにしても6ブロック採掘しなければ調整も起こらない。継続は絶望的だ。

では、現在マイニングの状況はお伝えしていますが、
ビットコインキャッシュで「新しい億万長者」ができると報じていものもあります。「次へ反対意見」↓↓↓

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)で“新しい億万長者”出現の期待

また、ブロックがまだ完了されていないと報じられているのですが、仮想通貨市場のランキングではすでに4位に浮上しているビットコインキャッシュ。↓↓↓

多くの取引所は、Bitcoin Cash取引ペアを開始したり、Bitcoin Cashの預金と引き出しを有効にする前に、さらに多くのブロックが見つかるのを待っています。

Many exchanges are still waiting on more blocks to be found before launching Bitcoin Cash trading pairs or enabling deposits and withdrawals of Bitcoin Cash.

その結果、取引所でのBitcoin Cashの供給は、分割前にBitcoinの残高を持っている人に限定されます。交換がBitcoin Cashの預金を可能にすると、供給の増加により価格はさらに低下する可能性があります。

Consequently, the supply of Bitcoin Cash on exchanges is limited only to people who had Bitcoin balances before the split. Once exchanges enable deposits of Bitcoin Cash, the price is likely to drop further due to increased supply.

イーサリアムの時を事例に伝えていたところでは、最初は供給の増加により価格は低下していた経緯があり、ビットコインキャッシュも同じであろうという見解を示しているところもあります。解消されるまでには多少の時間が必要であり、そこから何がおこるか楽しみだというユーザーの声もあるようです。

一部の人にとっては、正当なBitcoinだけが前進しています。他の人はBitcoinの名前を利用しようとするAltcoinとしてそれを見ています。1人のユーザーは、それが億万長者になるための特別なチャンスだと考えています。これらの声明のうちどれが正しいかは時間だけでわかりますが、今後数週間は面白いことが起きることは確実です。

To some people, it is the only legitimate Bitcoin moving forward. Others see it as an altcoin trying to use the Bitcoin name to its advantage. One user thinks it’s an exceptional chance to become a millionaire. Only time will tell which of these statements is correct, but rest assured interesting things will happen over the next few weeks.

実際には、誰も「予測」することはできないとしていますが、
仮想通貨で大きな利益を得たいと思う方は、少なからずとも存在しています。ビットコインをビットコインキャッシュへ替えることで、ミリオネアが誕生するのではないかと書かれていました。
ビットコインがここから10倍になることすら難しい(すでに価格が高い)ですが、ビットコインキャッシュであれば、もしかして可能かもしれないと思う点は、夢なのかもしれませんし、もしかして…
現在のランキングと価格(※わかりやすいように、今回は日本円での表示です。)

※時間により変動しますため、最新ではなくなる可能性がございますことをご承知おきください。

競合するBitcoinブロックチェーンは、面白い展開につながります。両方のソリューションは、低料金、スケーラビリティ、および分散開発を提供することを目指しています。確かに必ずしも同じ程度ではないが、両方のブロックチェーンが成功する可能性がある。

関連するまとめ

二度目の「預金封鎖」1997年にも検討されていた? マイナンバーと政策への不安

NHKが報道した戦後の預金封鎖は、他にも目的があったのでは? と伝えられています。それは、「預金封鎖は199…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3359 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html