第一波沈静化「仮想通貨取引所」一時取引再開

ロックインが始まり、7月23日から仮想通貨取引所が停止していましたが

7月21日付でお知らせいたしました、ビットコインに係るブロックチェーンのプログラム更新につきましては、更新プログラムの適用が始まり、本日午後2時現在までに24時間を経過いたしましたが、これまでのところ懸念された、ブロックチェーンの運用に支障を来す分岐の発生は認められませんでした。
BIP91発動後に懸念されたブロックのオーファンや再編成は今のところ観測されいない。すべてのマイナーがSegwitのブロックを採掘しており、図のように100%である。

まずは、95%のブロックがSegwit対応であることが確認されると
「ロックイン」がされます。
順に対応となってきたところで、上記の図になったとされますが、
このスピードは想像していたよりも早かったようです。

ロックインとは、Segwitの導入が確定することであり、法律で言うと「成立」ということになる。
マイナーも問題なく有効なブロックを採掘しており、離反は確認されていない。

これにより8.1の分岐は回避された。

また、一時的なネットワーク分岐も確認されていない。

こうして、今回第一波を超えたとし、
取引を再開した仮想通貨取引所があります。

今回、ビットコインの受け入れ及び引出しを停止措置につきましては、それぞれの会員の判断に基づき、停止解除することとしており、すでに、一部の会員ではビットコインの受け入れ及び払出受付を再開しておりますので、お客様におかれましては、お取引先の会員の発信する情報をご確認ください。

しかし、不安や情報の錯綜から、
予測通りビットコインの価格は、若干下落している様子ですね。

なお、引き続き8月1日には、ハードフォークによる分岐の可能性があることから、各会員は、その対応のため、改めて停止期間を設ける等の措置を講じることとなりますので、会員の発信する情報には引き続きご注意ください。

用語は少し難しいかもしれませんので、
詳しくは過去の関連記事をご確認くださいね。
ここでは、流れとして読んでいただければ大丈夫です。
まずは、一時取引所が再開している第一弾の解決は、
BIP91(SegWit2x)がアクティベートされたということになるのですが…

次の8月1日以降からの流れは、↓↓↓

仮想通貨ビットコイン次に残る試練

順調に行けば8月中にSegWitがアクティベートされ、その3ヶ月後にはハードフォークが実施される予定だ。このハードフォークは、ビットコインのブロックサイズを2MBに拡張するためのものだが、反対する声もある。ハードフォークについては、今後も議論が続くと思われる。

基本的な専門用語をのぞくと、イメージ的には、

たとえば1のシステムを、いきなり3のシステムに更新できないために、
先に2に更新してから3の更新をします。

正確にはニュアンスが異なりますが、
初めての方にはそんなイメージでとっていただけると
スムーズに読んでいただけるかと思います。

関連するまとめ

仮想通貨「トラブルや詐欺」急増|海外開発投資の仮想通貨やパンフレット他事例

仮想通貨ブームは、あちらこちらで「トラブル」「詐欺」という言葉が聞こえます。何度かお伝えしておりますが、仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11241 view

国民の年金資産「5兆円超損失!」GPIFに影響|株価下落休止なし

日本株の下落が止まらない。130兆円の国民資産を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用収益に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2191 view

侍コイン(サムライコイン)XSMをおさらい|日本発、金と交換できる仮想通貨

侍コイン(サムライコイン)XSMをおさらい。日本もマイナス金利を打ち出したことで、さまざな場所がざわついてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2031 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽