仮想通貨ビットコインが分裂する可能性が高まり、複数の取引所が取引の一時停止を表明しています。なぜビットコインは分裂の危機に陥ったのでしょうか。

7月21日から始まったこと、8月1日からの可能性とは同じではありません。
関連事項の流れで説明すると同じことだととらえてしまいますが、

7月23日に生じる分岐(ソフトフォーク)
8月1日にはハードフォークによる分岐が発生する可能性

そして、これらで起こりうる心配事があり、
ユーザーを守ることを優先で日本の仮想通貨取引所が
取引を一時停止するという判断をしたということになります。
日本は恵まれているのではないでしょうか?
仮想通貨は法を通っており、しかも詳しくないユーザーさんも
守ろうとしてくれる対策を先に講じていると感じています。

先のことですが、万一実際に分裂すると何が起こるかの予測は↓↓↓

「何かの買い物にコインを使っても、その取引を拒否されたり、取り消されたりする可能性が指摘されています。また、手持ちのビットコインが所有者の知らぬ間に別のビットコインに置き換わる可能性もあります。実際、8月1日以降にどんな事態が起きるのか専門家でも正確には予想しかねているのが実情です。

知っている者であれば、保管方法など事前に対策をしていますが、
詳しくない方は、ここから説明というのは、正直時間もかかってしまいますし、
最終的に理解できるかどうかも個人差がでてきてしまいます。

いくつもの取引所がXデーの8月1日を控え取引停止を表明しているのも、利用者の保護のために妥当な対応だと思います」

しかし、「分裂する危機」が、
なぜか、仮想通貨そのものが怪しいと言う方がでてきました。
怪しいのではなく「不安」であれば、わかりますね。
どんなカタチで仮想通貨が動き、また価値ということが、
そもそもどのようなことかを理解していなければ、
「怪しい」となってしまうのかもしれません。

怪しいということは、
以前マウントゴックス事件でビットコインが危険と言われました。
マウントゴックス事件は、ビットコインが悪いのではなく、
経営側の問題だということを理解されるまで、
相当な年数がかかりましたが、システムを知っている人は、
ずっと仮想通貨を所持してきました。
結果は、どうでているのかはご存じかと思います。

仮想通貨が「怪しい」と思う理由

詐欺事件

2009年に誕生した仮想通貨はまだまだ法整備も甘い部分があり、偽の仮想通貨をつかませる詐欺事件など別の問題も起きています。

「価値」がどこにあるかを知らないがゆえに起きてしまうことです。
どんな商品でも、「お金になる」と思えば、悪いことをする人が出現します。
LINEがはやり始めた時も、LINEを利用しての詐欺がでてきました。
大小限らず、かならず悪いことをする人が現れるたびに、
正しい知識をつけることが再確認されてきました。

またICOについても様々言われてきています。
現在もまだ規定はありませんが、国も注目しています。
また、ICOが危険だとすると、仮想通貨第二位のイーサも、
登場しなかったかもしれません。
過去数年前ですが、イーサもICOで出現したアルトコインです。
なんでもかんでもが「ダメ」ということではないのですね。

仮想通貨は正直「難しい」ですが、理解できないことがありません。

もう一度「価値」は何かを確認する必要があります。

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽