【速報更新:7月21日17時】
コインチェックより、ユーザーあてにメールが届いております。
今回の内容に関係して、8月1日とは別に、
23日に一時停止の可能性が知らされています。
加盟13社ともに同様となるようですが要確認です。
■停止日時
日本時間2017年7月23日 正午12:00
状況により、予告なく時間が前後する可能性がございます。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

仮想通貨ビットコインの8月1日分裂危機が報じられていますが、
急激に価格が上昇しています。

まえがき

こんな時期になぜ?と疑問に思うかもしれません。
まだ状況が報じられている様子はありませんが、
可能性のひとつとして海外のサイトから探った現状をお届けいたします。

それは、先よりささやかれていた21日の実行予測。
「SegWit2x」は、UAHFとUASFを超えて、今月初めにはいちばんに支持されていたといいます。
「Segwit2x」の支持が、8月1日前に適用されれば、
ビットコインの価格が「上がる」とも予想されていました。

すでに行われはじめており、順調な滑り出しだと期待と楽観的な予測もあるようです。
この限りではありませんが、あくまでも拾い集めた情報の中からご紹介いたします。

賛成派と反対派の「支持」あらすじ

少し読みにくい単語がでてきますので、
ザックリといた用語がわかるように、
先に簡易的にご案内いたします。

仮想通貨ビットコインがこのままでは維持できない状況なのは、
ご存じかと思います。

そのために、今までのビットコインに、「Segwit」の機能で、
ブロックチェーンに書き込める量を増やそうと報じていました。
それが、UASFという案になります。
※表現は少し異なりますが、わかりやすくするために、
賛成派のBitcoin Core(ビットコインコア)チームとでもします。

しかし、反対していると言われるマイナー側は、
もっと大きな容量であるUAHFという案を支持していました。
※こちらも表現は少し異なりますが、反対派の
Bitcoin Unlimited(ビットコイン アンリミテッド)チームとでもします。

しかし、その後……上記の「UASF」VS「UAHF」ではない、
新しい「Segwit2x」案がだされました。

今のところ、BIP141のオリジナルSegwitと、BIP91が、Segwit2xに含まれるようだ。

そして、今実行が開始されたというのが、新しい「Segwit2x」案なのです。
しかも反対派であったマイナー側の代表が、
なんと「Segwit2x」を支持したと噂もながれており、
一部の反対派を支持していたマイナー側も驚きなのではないでしょうか。

Coinbaseなど、仮想通貨取引所が、
反対派のUAHFを「取り扱わない」との発表もありました。
こうした状況も踏まえての動きになったのかは、定かではありませんが、
少なくても影響があったものではないかと考えるのが一般的な流れではないかと感じます。

ただし、「Segwit2x」案は、
UASF案(ビットコインコア側)が賛成しているという
数字がだされているわけではないようです。

関連するまとめ

ロシアが仮想通貨「CryptoRuble」発行決定|13%課税はルーブルとクリプトル…

地元の報道によると、ロシアのプーチン大統領は、独自暗号通貨である「CryptoRuble」クリプトルーブルを…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3675 view

フィンテックサミット麻生副総・財務挨拶“フィンテックで銀行支店なくなる” |仮想通貨…

麻生太郎副総理・財務・金融相が東京で開催された「フィンテック・サミット」で挨拶し、「フィンテックで銀行の支店…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12833 view

不動産も仮想通貨で購入“ドバイ”で3億3,000万ドル相当巨大開発|不動産投資物件に…

仮想通貨ビットコインが不動産まで購入できるようになります。ドバイで3億ドル以上の不動産開発が開始すると発表。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4579 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽