何度もうるさいかもしれませんが、
あなたの資産を「守る」ためにも最新を入手してほしいですね。

日本人でよかったと思うかもしれません。
日本仮想通貨事業者協会に加盟する13社が
ビットコイン分裂危機について協議し対応策を発表しました。

送金する予定があるけど、どうしらいい?
受け取るつもりだけど、消えてしまう?

13社に加盟していない取引所もありますので緊急確認が必要です。
月末までまだ10日と思っているかもしれませんが、早まる可能性があるのです。

発表他詳しくご紹介します。

仮想通貨ビットコイン分裂騒動の危機

現在、ビットコインの仕様(規格)改善をめぐって複数の提案が競合しており、8月1日ごろに取引が混乱する可能性がある。場合によっては、ビットコインの分裂もあり得る。
7月18日には、取引所などの事業者で作る日本仮想通貨事業者協会が「取引の混乱が予想される」として、国内13の取引所で、8月1日から取引を一時停止すると発表した。どうしてこういう事態になったのか。

分裂しないかもしれない。
そうも言われていますが、現在のところ合意は得られていない状況。
分かれる可能性は高いという予測が占めています。

そして、さらには追加記事があがっており、
「ますます分裂する危険」が報じられていることがわかりました。

“ますます”の状況からお伝えさせていただきます。

新たな可能性「3分裂」になるの?

システム「拡張」の方法として(1)2015年8月に、ビットコインの取引を記録する「ブロック」のサイズの拡張案(ビットコインXT)が提案されたが、受け入れられなかった
その後、(2)15年12月に「Segwit」という画期的な規格の提案がなされた。取引データの電子署名の部分を別枠扱いにすることで、ブロックの情報を圧縮、その分、取引の処理速度が上がる。さらに旧仕様のブロックも含めてすべて使えるようにした(ソフトフォーク)ものだった。

2017年3月中旬
マイナーの間で、Bitcoin Unlimited(ビットコイン・アンリミテッド:)への支持が広がりはじめました。

「Segwit」支持Bitcoin Core(ビットコイン・コア)BTC
反対派Bitcoin unlimited(ビットコイン・アンリミテッド)
BTU

その後、2017年3月12日に、「BIP148」という新しい提案が出された。

「(2017年)8月1日以降にSegwitに対応しないブロックは、正当なブロックとして受け入れない。つまり、Segwitに同意しないマイナーが採掘したコインは、取引所で換金しない」という提案内容だ。それをウォレットや取引所など、マイナー以外のコミュニティで一斉に実行するという。
なお、8月1日以前に合意ができて「Segwit」が実行されれば、UASFは起こらない。

しかし、ここで更に追加された話が報じられています↓↓↓

関連するまとめ

どうする? 投資すべきか? ビットコインを検証する

投資家たちが動いている。今がその時なのか? 検証材料はいくつ必要でしょうか。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1193 view

仮想通貨ビットコインついに”金”1オンス価値を上回る|デジタルゴールド資産時代

仮想通貨ビットコインの高騰通知が昨夜から鳴り響いていました。勢いとどまるところを知らず、「金」1オンスあたり…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5981 view

世界初ビットコインバンク(Bitcoin-Bank)開業|オーストリア首都ウィーンに…

オーストリア首都ウィーンで、まさにBマークがついた“世界初”の仮想通貨ビットコインバンク(ビットコイン銀行)…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 13666 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽