アナログ(紙)とデジタルの速さ仮想通貨がいかされた「リコチケ」登場

【特願2017-109259】

シールドバリュー株式会社は、アナログ(紙)の安心とデジタルの速さを活かした高い利便性を持つ、世界で初めて仮想通貨による自動返金処理を導入した、
購入者によるセルフキャンセルを可能にした前売りチケット「リコチケ」を発表した。
「リコチケ」は、届いたチケットそのものに購入者だけが返金額を受け取ることができる仕組みの、セルフキャンセル機能を設けた新しい発想のチケットである。

図式にすると↓↓↓のように紹介されています。

図式をみると、スマホでQRコードを読み取り、
表示されたコードや日時や購入者名他に相違なければ、
キャンセルボタンを押すと返金手続か行われます。
そして登録したウォレットに返金されるという仕組みです。

また、
・返金手数料が少ない
・24時間いつでも送金可能
・仮想通貨で行われる
・キャンセルチケットは即時無効化
・空いた席は即日リセール

キャンセルからリセールまでを高速化することで無駄のないチケッティングを行えるため空席発生のリスクを最小化することができ不正転売・高額転売の原因のひとつと言われるリセール環境の不備を解消します。

ご存じかと思いますが、
チケットなどあまり購入しない方へ「リセール」とは。
ご存じの方は読みとばしてくださいね。↓↓↓

再販。転売。
中古品を下取って再販したり、卸業者が仕入れて転売する行為。

リセールバリューと言われると、一度購入したものを販売する時の再販価値。
例えば、再販というと、中古車販売などで使われることが多いのではないでしょうか。
転売は、チケットなどでよくありがちですが、
コンサートチケットなどで、よい席のチケットをさらに転売して、
高額で取引されることがあります。
ビックリするような金額で取引されることもあり、
このチケット売りが利益になると考えてファンクラブに入会したり、
入手するルーツをつくったりすることもあるようです。

「リコチケ」は、こういったリセール環境不備を回避させる仕組みだということです。

関連するまとめ

ビットコイン「貨幣」になると、なにがどうなるの? 仮想通貨法案は世界の注目

ビットコインが貨幣として認められるのか、日本の仮想通貨法案が世界でも注目を集めています。では、仮想通貨法案が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3525 view

仮想通貨ビットコイン新たにATM7,000箇所設置へ| カナダとオーストラリアで拡大

カナダとオーストラリアは仮想通貨ビットコイン市場拡大へ踏み出しました。新たにATM7,000箇所利用可能地域…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3530 view

Bancor「バンコール」仮想通貨ICO“167億円”調達|あのDAOの記録を超える

またもや、仮想通貨のICOでビックな調達金額が伝えられています。Bancor「バンコール」が、3時間で167…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9523 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽