仮想通貨ビットコイン急落「下落が続く」

仮想通貨ビットコインは、世界中で大きく相場を上げてきました。

ところがここにきて、ビットコインの価格が軟調だ。ビットコインのドル建て相場は12日に一時2272.32ドルと、6月15日以来およそ1カ月ぶりの安値を付けた。
ビットコインの新たな枠組みに係る関係者の対立で、8月1日にビットコインが分裂するとの懸念が高まっていることを背景に売りが広がった。

分裂への懸念、
そして仮想通貨取引所が一時取引を中止するかもしれないという報道があり

この懸念があるため12日の大幅な安値につながった。

仮想通貨ビットコインの「スケーラビリティ(拡張性)」問題

どうなるのか、誰も予測できない状況が近づいています。
どこに落ち着くのか、保有しているユーザーには
大きな関心とともに、今後を左右するかもしれない
大きな問題だと述べられています。

ビットコインに投資をする人は、この問題が背後にあることを知っていることが望ましい。

ビットコインの将来が左右されるのか「スケーラビリティ問題」

「スケーラビリティ」とは、利用者の増大に適応してシステムを拡張できる能力のことである。

スケーラビリティ問題では、仮想通貨ビットコインの取引において、
時間やブロックで説明されますが、
初心者さんむけには、下記の説明が一番想像できるのではないでしょうか。↓↓↓

ビットコインの供給量は発案者が考え出したルールによって決まっている(現在は約10分ごとに12.5ビットコインが新規発行される)。

約10分間ごとにブロックに記録されます。
1ブロックのサイズは、1メガバイト。

1秒間……7取引
10分につき……1メガバイト(まで)
1日……最大60万4800取引(まで)

このブロックへの記録を↓↓↓

マイナー(採掘者)と呼ばれる民間の事業者が取引記録をとりまとめ、ブロックチェーンの利用者は手数料をマイナーに支払い取引を確定している。
ところが最近のブームで取引量が急増したため、スケーラビリティ問題(※)が認識されるようになり、利用者を中心に記録の書き込み容量をアップすべきだとの意見が高まった。 

関連するまとめ

民間でも仮想通貨の技術活用|“スマホ使った実証実験開始”静岡銀行も共同で街を活性化

仮想通貨ビットコインなどの技術を活かし、スマホを使った「割引サービス」などを低コストで提供する実証実験が始ま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2320 view

「仮想通貨ビットコイン」水力発電マイニング(採掘)米で開始! |中国70%を分散化

MGTはアメリカに低コストの水力発電で動くマイニング(採掘)施設を建設し、8月にはフル稼働をスタートする予定…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2033 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽