P2Pとは、ピアツーピアの略である。

専用のサーバーを使うことなく、接続されたコンピューター同士が相互にコミュニケーションするネットワーク形態。

P2Pレイディングってなんだか難しそうだけど、いったい何?

P2Pレンディングとは、オンライン上で借り手と貸し手を直接結びつける事で中抜きのない融資を行うシステムの事です。
P2Pレンディングでは、お金を借りたい人がプラットフォームに申し込みを行うと、直接お金を貸せる人とのマッチングを受けることができます。
P2Pレンディングは、貸し手と借り手をオンラインで直に結びつけることで、中抜きによる不利な融資を是正しようとする動きのひとつだ。フィンテックの文脈において、P2Pレンディングは重要なトピックのひとつとして扱われているが、その流れはビットコインを使ったレンディング市場でも少しずつ芽吹き始めているようだ。

ビットコインのP2P(ピアツーピア)融資は、個人がネット上でお金を貸し借りできるシステムです。
発展途上国の庶民が銀行からお金を借りようとしても、なかなか借りられない現状がありますが、P2Pレンディングなら世界の個人同士がマッチングシステムによりつながる仕組みですから、手軽に手続ができお金を借りることができます。

P2Pレンディングが誕生した背景とは?

アメリカで平均的な信用力を持つ消費者がクレジットカードでお金を借りるとクレジットカード金利は22%前後になります。その一方で普通預金口座にお金を預金しても利子は0.06%程度しかつきません。
乱暴に言えばこの二つの金利の差額が銀行のスプレッド(=利ザヤ)になるわけです。
つまり借り手は高利に苦しみ、預金者はスズメの涙ほどの利子で我慢しているわけです。
そこで銀行を通さず、直接、お金を貸したい人とお金を借りたい人をウェブで結び付ければ、借り手の金利を下げると同時にお金を貸したい人にはもっと有利な金利を提示することが出来るのではないか? という発想から生まれたのがP2Pレンディングなのです。

借り手は低い金利でお金を借りたい、貸し手は高金利で貸したい・・・そんな願望をかなえてくれるのがP2Pレンディングです。
P2Pレンディングが浸透すれば、いつか銀行の融資が必要なくなる日が来るかもしれませんね。

P2Pレンディングは分かったけど、安全に取引できるの?

ビットコインはサーバーを持っていないため攻撃されることがないのです。そのため、ビットコインが取引停止になる心配はありません。
P2Pを活かしてビットコインの帳簿管理をしているのも大きな特徴です。P2Pだからこそ、偽装やコピーすることができないのです。

P2Pはサーバー管理されていない為、サーバー攻撃をされることがなく、安全に取引をすることができます。
ビットコインが取引停止になる心配がないのは、サーバーを持たないからですね。
P2Pは、手軽で便利だというだけではなく、安全でもあるということですね。

では、P2Pレンディングはデメリットはないの?

P2Pレンディングを提供しているBitbondが公開している情報を見る限り、やはり債務不履行の割合が高くなっていますので、必要が無ければ利用しない方がいいかもしれません。

関連するまとめ

野口悠紀雄先生が、日本記者クラブで講演。    仮想通貨の基本を解説し、今後の社会を…

早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問で、「仮想通貨革命」の著者 野口悠紀雄先生の講演 仮想通貨の基礎と、社…

10mc 大石直洋 / 1316 view

フィンテックは10年後、「すべて」の銀行業務を奪ってしまうのか?金融分野のフィンテッ…

日々開発が進む「フィンテック」が銀行の業務を奪うと言われています。 しかし、本当に銀行業務の「すべて」をフィ…

ねもとあい / 2239 view

ビットコイン2.0とは、ビットコインの進化系?ビットコイン2.0の広がる可能性とは?

「ビットコイン2.0」とは、ビットコインが進化したものでしょうか? 世間ではビットコイン2.0の可能性につい…

ねもとあい / 1287 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。