オーストリアの郵便局とビットコイン取引所、Bitpandaがビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、DASHをオーストリア全土の1,800の支店で提供するために提携した。
このパートナーシップのおかげで、顧客はオーストリアのすべての支店でユーロを使って様々な暗号通貨を安全かつ容易に購入することができる。このサービスにより一般ユーザーはより容易に暗号通貨に触れることができるようになりそうだ。

共同における目標

仮想通貨ビットコイン取引所のBitpandaの設立は2014年。
本社は、オーストリアのウィーンにかまえています。
(※2016年6月にBitpandaとして改名)

同社は現在、30万人以上のユーザーを抱えており、トランザクション量は約2億ユーロです。

The company claims to have over 300,000 users currently, with almost 200 million euros in transaction volume.

Bitpandaは、郵便局と提携することにより、
利用者と取引量の両方ともに、増やせると考えています。

このサービスのもう一つの目標は、クリプトカルトをより主流化し、現在の怪しげなイメージを取り除くことです。

Another goal of the service is to make cryptocurrencies more mainstream and get rid of their current dubious image.

また、Bitpandaの共同設立者であるエリック・デトゥス氏は↓↓↓

デジタル通貨は私たちの日常生活の中心的なポイントになりますが、古典通貨との葛藤はありません。

Digital currencies will become central points in our daily lives, but they are not in conflict with classical currencies.

利用方法「バウチャー」メールアドレスがあればいい

オーストリアのどの郵便局窓口でも、お客様は、50,100、または500ユーロの金額でBitpandaの紙バウチャーを購入することができます。

At any post office counter in Austria, customers can buy Bitpanda's paper vouchers in denominations of 50, 100 or 500 euros.

紙バウチャー(写真)↓↓↓

「バウチャーとは」ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

「バウチャーとは」ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

各種サービスに利用できるクーポンや券のこと。
使い方としては、予約や支払いと引き換えに発行されたバウチャーを、利用するところで提示し、該当のサービスを受け取れる証のようなものです。証票というのか、日本であれば引換券というほうがなじみ深いのではないでしょうか。

購入後、Bitpandaウェブサイト上の4つの暗号化された通貨の選択肢を利用するために、バウチャーごとにコードを受け取ります。

After purchasing, they will receive a code per voucher to redeem for their choice of the four cryptocurrencies on the Bitpanda website.

このサービスは「Bitpanda to go」と呼ばれ、Postを通じて独占的に提供されます。

This service is called “ Bitpanda to go ” and is exclusively offered through the Post.

現在、「スターター」「ブロンズ」「ゴールド」と、3つのレベルがあるといいます。
(紙バウチャーにはありませんが、4つ目のレベルは「シルバー」もすぐに提供されるだろうと記されています。)

バウチャーを交換するためには「スターターレベル」があればいいようで、
その他には、身元確認の必要はなく、確認には、
有効な電子メールアドレスを持つアカウントがあればいいとされています。

他のサービスについては、 ” あなたのアカウントの検証レベルによって、毎日購入/販売できるビンコインの数が決まります。検証レベルが高くなると、アカウントの上限が高くなります」と同社は説明しています。

For other services, “the verification level of your account determines how many bitcoins you can buy/sell each day.

Bitpandaの共同CEOのEric Demuth氏は、オフラインの取引手数料は、交換のオンライン交換手数料と同じ3%に保たれ、採用の主流を押し進めることを望んでいると語った。

Bitpanda co-CEO Eric Demuth said that the offline transaction fee will be kept at 3 percent, the same as the exchange’s online exchange fee, in a hope to push the adoption mainstream.

現地のニュース提供元derStandard.atによると 、BitPandaは、取引金額を約200百万ユーロに拡大することをコラボレーションが期待しており、これは約6百万ユーロの取引手数料収入に相当する可能性がある。

ting the collaboration to scale up the transaction volume to €200m, which could equal to approximately €6m revenue from transaction fees.

他の国でのバウチャー例

関連するまとめ

金融庁「仮想通貨先物」むけ法改正の予定なし|注意の焦点は資金洗浄などの「犯罪対策」

金融庁が先日、インタビューで「仮想通貨先物上場に対応した法改正などは考えていない」旨を発表しました。また、昨…

鈴木まゆ子 / 3411 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html