名古屋のベルギービール専門ダイニング、サンタルヌーが東京都内への出店を目的に、イーサリアム(ETH)を用いたICOによる資金調達を行い注目を集めている。
もし資金調達に成功すれば、世界初の飲食店によるICOの成功事例となる。

名古屋のベルギービール専門店ダイニング「サンタルヌー」は、
“2015年”から仮想通貨(暗号通貨)を受付、
そして世界初?仮想通貨NEM(ネム)XEMとの受付決済で“ピザ”を売った店

ユーザーには、まさしく「暗号通貨の聖地」と呼ばれています。

仮想通貨の決済導入にも積極的で、現在、BTC、NEM、MONA、PEPECASHなどの多様な決済手段が利用できる。

サンタルヌーICO「ホワイトペーパー」目的やトークンについて

サンタルヌーも、2017年6月29日にホワイトペーパーを公開しています。
(一部修正2017年7月4日)

詳細が記載されていますが、ICOによる資金調達の意図は、
東京都内への進出のための資金となります。
進出といっても名古屋は閉店する可能性があり、そうなれば移転ということになります。
都内の場所はまだ決めておらず、ICOでの資金調達状況により候補地を決めるとしています。
候補地は、三軒茶屋、目黒、渋谷、恵比寿、代々木上原、神田、神保町、品川をあげていました。

今回のICOでは目標金額を二段階に設定し、10ETHを東京視察の旅費と滞在費、2970万円分のETHを東京移転のための必要経費として使うことを明記している。

ICOで発行されるトークンは「SAT」(Sant Arnould Tokyo)

出資された暗号通貨に応じて、出資者にトークンSATを配布します。

トークン変換比率の例
1ETH辺り(イーサリアム)5,000SAT
※最低単価は設定なし。1未満でも可能
1BTC辺り(ビットコイン)4,500SAT
※0.03BTC以上でトークン配布

他、XEM(ネム)、MONA(モナコイン)

このトークンは(初めての方は、トークンとは、仮想通貨みたいなものとして読み進めてください)店舗の会計で利用可能です。
1SATは、1円換算で利用でき、他にはトークンで購入できるグッズに利用。

特典

また、SATの保有者には特典として、5,000SAT以上保有するとプレオープンイベントへ招待される。
さらに50,000SAT以上保有すると支払い時に5%割引、10万SAT以上保有することで代金の10%割引される予定だ。
将来的に、一定以上のSAT保有者のみ参加可能なイベントも企画予定であるとのことだ。

また、ICOならではのことですが、
もしもこのトークンの価値が上がった場合、特に保有者にはメリットとなります。

ホワイトペーパーにも、
「トークンは、店の了解を得ずに、保有者同士が売買、譲渡できる」と明記されています。
つまり価値が上がって売買したくなれば、保持者の資産は利益が生まれるということにもつながります。

下記はホワイトペーパーの開示をしているページです。
気になる方は、こちらからご覧になれます↓↓↓

規制への懸念

先日、日本国内のICOについて現在、法がまだ定まっていない状況をお伝えしていますが、
国会でも答弁されている通り、何らかの策が必要であると話がでています。
その中で、

ICOは4つに分類できると書かれています。

・トークン保有者に対して事業の収益を分ける「集団投資スキーム持分型」
・トークンを使うことでサービスを受ける「プリペイドカード型」
・トークンを保有している人に対して、トークンを使わずに、
会員サービスを提供する「会員サービス型または優待サービス型」
・ビットコインのように(発行者は行わない)価値を保存したり送金・決済手段として利用できる「純粋仮想通貨型」

参考出典:名古屋サンタルヌー、飲食店による世界初のICOに挑む | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
URL:http://btcnews.jp/1swswf4x11712/

例えば特に「純粋仮想通貨型」のICOであれば、資金決済法に基づく仮想通貨交換業に対するルールが、「集団投資スキーム持分型」であれば金融商品取引業に対するルールが適用される可能性が高い。

しかし、基準で言えば、サンタルヌーのICOは、

一方、今回のサンタルヌーのような、「プリペイドカード型」と「会員サービス型」との複合型事例の場合、おそらくは前払式証票法(前払式証票の規制等に関する法律)の規制を受けることとなるだろう。
これは、ギフト券、プリペイドカードなどの一定の条件を満たす商品券の発行に関して、これまで利用されてきた法律であり、主として消費者保護の観点から、商品券等の要件を定め、また事業者にその商品券等の未使用残高が一定額以上になる場合の財務局等への届け出を定めたものである。

まとめ

ただし今回の「SAT」トークンは、多くの部分で従来の商品券等と性質を同じくする一方で、二次市場の形成というトークンの性質上、参加者の一部が通常のICOと同じくそもそも同店での使用ではなく、
投機を目的として購入する可能性も考えられる商品となることから、実際にどのような規制の中で実施されていくのかについては、なんとも言えないところである。

現在ICO調達状況が手動ということで、
最新への更新がなされていないようです。
HPでは、7月11日時点で
56.919 ETH で 1,413,610 JPY(円)ですが、
SNSでは400万円以上集まり順調ですとのコメントがあるようです。


ユーザーからは、Twitterにも声が入っています。↓↓↓

感想

感想

ICOそのものへの注目が集まる中、今回は名古屋で、しかも世界で初となるか、飲食店のICO。気合の入り方が発信の随所に感じられました。
ホワイトペーパーも日本語であることから、言葉が「わかる」という微妙な安堵感もあるかもしれませんね。
ともあれ、現在順調な様子ですので、ICOの終了から成功と仮定した移転後の様子も気になるところですね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ブロックチェーンと仮想通貨ビットコイン|金融業界の革命と挑戦「入門編」

金融業界の建設者にも破壊者にもなるブロックチェーン技術。今大きな挑戦が始まっています。仮想通貨ビットコインで…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2622 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽