名古屋のベルギービール専門ダイニング、サンタルヌーが東京都内への出店を目的に、イーサリアム(ETH)を用いたICOによる資金調達を行い注目を集めている。
もし資金調達に成功すれば、世界初の飲食店によるICOの成功事例となる。

名古屋のベルギービール専門店ダイニング「サンタルヌー」は、
“2015年”から仮想通貨(暗号通貨)を受付、
そして世界初?仮想通貨NEM(ネム)XEMとの受付決済で“ピザ”を売った店

ユーザーには、まさしく「暗号通貨の聖地」と呼ばれています。

仮想通貨の決済導入にも積極的で、現在、BTC、NEM、MONA、PEPECASHなどの多様な決済手段が利用できる。

サンタルヌーICO「ホワイトペーパー」目的やトークンについて

サンタルヌーも、2017年6月29日にホワイトペーパーを公開しています。
(一部修正2017年7月4日)

詳細が記載されていますが、ICOによる資金調達の意図は、
東京都内への進出のための資金となります。
進出といっても名古屋は閉店する可能性があり、そうなれば移転ということになります。
都内の場所はまだ決めておらず、ICOでの資金調達状況により候補地を決めるとしています。
候補地は、三軒茶屋、目黒、渋谷、恵比寿、代々木上原、神田、神保町、品川をあげていました。

関連するまとめ

仮想通貨の安全性を守る方法|国内取引所のセキュリティ比較「BitFinex事件を考え…

世界最大規模のビットコイン取引所Bitfinexが8月初頭にハッキング事件にあい、120,000近くのビット…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2927 view

ポケモンGOで仮想通貨がまた増えた?ポケコインが「支払手段」認定へ

2016年夏はポケモンGOが世界中で沸騰しました。これと並行してポケコインの取引量が増加、金融庁がポケコイン…

すずきまゆこ / 2105 view

スイスEYがビットコイン決済を導入|仮想通貨に熱心なスイスの意外な懐事情とは

スイスEYがビットコイン決済を導入しました。アドバイザリーや監査業務に仮想通貨決済を導入するほか、オフィスに…

すずきまゆこ / 2429 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽