謎の仮想通貨トレーダー260憶円利益

謎の仮想通貨トレーダーが1カ月余りの間に仮想の資産5500万ドル(約62億7500万円)を2億8300万ドル(約323億円)にした。
この1人か複数の個人について分かっているのは仮想通貨の保管場所であるウォレット(財布)のID番号「0x00A651D43B6e209F5Ada45A35F92EFC0De3A5184」だけだ。
このトレーダーについては6月11日に、インドネシア語でのインスタグラムへの投稿がイーサー(イーサリアム・ブロックチェーンに基づく仮想通貨の単位)での413%リターンを自慢したことで知られるようになった。男性なのか女性なのか、1人なのか複数なのか、またこの投稿が本人によるのか他者によるのかも分からない。

仮想通貨は、原則所持している者の身元は明らかになっていません。
仮想通貨ビットコインやアルトコインを含めて、
6月6日時点で流通額が、なんと「1000億ドル」を超えているといいます。
こうしたことから、仮想通貨のウォレット(お財布)の
IDを個人と結びつける必要性があるのではないかと言われているようです。
しかし、正直なところをいえば、それは「プライバシー」の点でも、
簡単に関連付けましょうとなると、多くの反発も考えられます。

仮想通貨で利益をだしている話をきくと、
「すごい」と、「羨ましい」と思うのが人の心情です。
そして、昔のように必ずしも大金もちだけが得られるというわけでもないのが仮想通貨。
アメリカンドリームのような話までは難しくても、コツコツ利益をとっている人もたくさんいます。

爆発しなくても、確実にプラスにを得られる方法はないのか、ちょっと身近な話をご紹介します。

著名なベンチャーキャピタリストのフレッド・ウィルソン氏から

まずは、心配されることのひとつ。

「とにかく価格の変動が大きい」
そもそも、仮想通貨っていつまで「あるの?」
そんな本音は聞こえてきます。

著名なベンチャーキャピタリストで投資会社の共同設立者である
フレッド・ウィルソン氏は、
ビットコインとイーサリアムの価格動向と価値が、
5~10年後になると考えており、“短期間”ではないと発言しています。

「確かに、暗号化市場内の大多数のトレーダーは、BitcoinやEthereumなどの小規模な訂正や集会を利益を得ようとしています。したがって、2つの暗号化された通貨の価格が新しい過去最高値を達成した場合、または上向きの勢いを維持する立場にある場合、トレーダーは売り値を修正する傾向があります。」

Admittedly, the majority of traders within the cryptocurrency market are looking to profit off minor corrections and rallies of cryptocurrencies such as Bitcoin and Ethereum.Hence, when the price of the two cryptocurrencies achieve new all-time highs or are in a position to sustain an upward momentum, traders tend to sell off and cause a price correction.

引用出典:Prominent Venture Capitalist Shares Bitcoin, Ethereum Investment Tips
URL:https://cointelegraph.com/news/prominent-venture-capitalist-shares-bitcoin-ethereum-investment-tips

市場は短期を見ていきますが、先の様子を予測するものではありません。

「しかし、多くの初期段階の投資家のように、2013年からBitcoinに投資したウィルソンと2015年に開始したEthereumは、ほとんどの市場修正が彼のポートフォリオにとって大きな意味を持たないと説明しています。ウィルソンは長期投資としてBitcoinとEthereumを検討しており、長期的な価格動向を考慮している。」

However, like many early-stage investors, Wilson, who has invested in Bitcoin since 2013 and Ethereum since its launch in 2015, explained that most market corrections don’t hold much significance for his portfolio.Wilson is considering Bitcoin and Ethereum as long-term investments and is taking its long-term price trend into consideration.

出典引用:Prominent Venture Capitalist Shares Bitcoin, Ethereum Investment Tips
URL:https://cointelegraph.com/news/prominent-venture-capitalist-shares-bitcoin-ethereum-investment-tips

そして、ほとんどのトレーダーが言うことは、
重要なことが短期問題ではなく、月単位で見ていけば、
利益を得られるとも伝えています。
そして、今よりも「5年または10年」後に、
もっと価値があると信じているとも述べられています。

ヴィジュアル系投資家から

また、かなり前に一度ご紹介したことのある、
投資家の顔を見せる白石咲華氏
20歳から投資を始めて成功をしている様子が取り上げられてきました。

「最初にBTCを買ったのは’14年のマウント・ゴックス(当時の大手BTC取引所)破綻直後でした。それ以降、1BTC=2万円台で低迷していた時期に買い増していきました。
ただ、気になったのがBTCの『スケーラビリティ』問題。取引されるデータ量の増大により処理能力が限界を迎えかねないという問題です。これにより、ビットコインが複数の暗号通貨に分裂する可能性が出てきたため、念のためにアルトコインへの分散も進めていました」
その将来性を買って、ポートフォリオの20%ほどをBTCやリップルなどに配分していました。

リップルが爆発高騰し、相当な利益を得た人たちがいます。
イーサの時よりも、大きな話題だったのではないでしょうか。
ここには、リップルがここまで高騰すると予測されていなかったこともあります。

関連するまとめ

BIS調査責任者「仮想通貨は通貨の”なりすまし”」|「マイナー報酬が廃れれば維持が難…

以前から仮想通貨に対して厳しいスタンスを崩さないBIS(国際決済銀行)。BISの調査責任者は、仮想通貨ビット…

鈴木まゆ子 / 998 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。