現在の計算と、破産管財人が3月に出したときの報告書↓↓↓

「同社の破産管財人が今年3月に東京地裁に出した報告書では、同社の資産は現金10億円と約20万ビットコイン。コインは破綻時のレートで約120億円相当だったが、現在は約600億円相当に膨らんだ。」

「同社の債権者として届けたのは世界で2万人超。当初は総額263兆円の債権届け出があったが、管財人が精査した結果、456億円になったという。」


引用出典:ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル
URL:http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles%2FASK7B34Q7K7BUTIL00C.html&rm=452

さらに驚くことに↓↓↓

「企業破産で債権者は債権額の一部しか配当が得られないことが多いが、今回は「満額配当」になる可能性もある。」

「当時約3千万円相当のコインを預けていた関西地方の債権者は、配当を現金かコインのどちらで希望するかを尋ねる連絡を管財人から受け、将来の値上がりを見込んで「コイン希望」と答えた。」


引用出典:ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル
URL:http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles%2FASK7B34Q7K7BUTIL00C.html&rm=452

感想

感想

記事の続きによれば、倒産法により、債権者(被害者)が、仮想通貨ビットコインでの配当を希望したとしても、破綻時のレートで計算した債権額しか受け取れないといいます。
また、破産処理をコインでの「配当」は、事例がないと話しています。
債権者にとって最良の方法がとられることだけが一番ですが、まだまだ時間もかかるであろう裁判が続く間に、仮想通貨市場もどうかわるのか様子をみていくことになるのでしょう。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

米サークル、米ドル連動仮想通貨を発行へ|価格変動低い仮想通貨に支持者多数

ゴールドマン・サックスなどが出資するアメリカの仮想通貨関連商品企業サークルが、米ドルに連動する仮想通貨を開発…

鈴木まゆ子 / 3691 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。