マウントゴックス事件の初公判

仮想通貨「ビットコイン」の取引所マウントゴックスで巨額のコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた運営会社トップの初公判が11日、東京地裁で開かれる。

経営破綻した仮想通貨ビットコインの取引所 MtGox(マウント・ゴックス)

2014年2月、顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコインが消失したことが発覚。同時に利用者からの預かり金を保管する預金口座の残高も28億円足りないことがわかった。ビットコインと預かり金の消失で負債が急増したため、同社は経営破綻した。

MtGox(マウント・ゴックス)のマルク・カルプレス社長は
「ハッキングされて盗まれた」と自身の関与を否定していましたが、
警視庁は横領の疑いで逮捕しました。

MtGox社(マウントゴックス)の
仮想通貨ビットコインを所有している被害者(債権者)方に対して、
配当をコインで行うことが検討されています。

24,750人の債権者は、マウントゴックスに対し数百億円の請求を行なったが、そのうち返済に当てられるのはわずか。

ご存じの方は読み飛ばしてくださいね↓↓↓

会社破産手続における配当というのは、
「破産財団」に属する財産を処分して得た金銭を,
破産法という手続に従い破産債権者(被害者)に対して、
分配する手続のことをいいます。

とても雑な言い方になりますが、残っている金めになるものを処分し、
その処分した物を被害者に分配(支払う)ということですね。

通常ですと、破たんした会社に処分できる財産がどの程度残されているのかどうか。
またどの程度処分してお金になるのかどうかなど、
殆どが債権者(被害者)に分配される額面は、びびたるものであることが多いのです。

そんな中、今年2月に債権者(被害者)へのある申し出が報じられました。
↓↓↓

Mt.Gox債権の買い取りへ「ヘッジファンド」

英フィナンシャルタイムズ紙によれば2月12日、2014年2月に破たんしたビットコイン交易所のMtGox社(以下、マウントゴックスという。)のビットコインを所有している被害者たちに対して、日米の4ヘッジファンドがその債権の買い取りを申し出た。

なぜ、ヘッジファンドが債権者(被害者)の
債権を買いとりをしようとしているのか。それは、↓↓↓

ヘッジファンドが関心を抱く理由は、債権が時価換算のビットコインで弁済されるためだ。
マウントゴックスについては現在、賠償を求める被害者たちとの間で係争中だが、裁判で被害者たちが求めている賠償額は同社破たん時のビットコイン円価格の25%なのに対して、今回ヘッジファンドが申し出た買値は15%と、要望額に比べて40%安い。

債権者への配当もわずかである可能性が高く、
そして裁判もいつまでかかるのかわかりません。
もしも、賠償請求が認められたとしても、
マウントゴックスに、資金があるのかどうか。
そもそも無い袖はふれません。
ヘッジファンドの申し出が債権者にとって良いのか悪いのかは正直わかりません。

ケルマン氏によれば、マウントゴックスの倒産から3年が経過するも、債権者にビットコインが分配されるまで、あと1年以上掛かる可能性が高いという。ビットコインの価格はこの3年で2倍を超えるパフォーマンスを見せたが、その一方で債権の払い戻しで受け取れるBTCの数量は減額されていくことになる。

しかし、この申し出から、状況がまた大きくかわっているのが、
現在の「仮想通貨ビットコイン」の価格です。
7月10日に報じられた内容では、
ビットコインの価格が上昇し、債権総額が上がっていることなのです。
つまりは、わずかであろうという配当は、
「満額配当」になる可能性もあるというのです。↓↓↓

「債権者への配当」仮想通貨ビットコインでも検討

「同社の資産のうち、コインの価値は破綻時の5倍に急騰し、債権総額456億円を上回っている。企業倒産に詳しい専門家は「聞いたことがない」としている。」

引用出典:ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル
URL:http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles%2FASK7B34Q7K7BUTIL00C.html&rm=452

現在の計算と、破産管財人が3月に出したときの報告書↓↓↓

「同社の破産管財人が今年3月に東京地裁に出した報告書では、同社の資産は現金10億円と約20万ビットコイン。コインは破綻時のレートで約120億円相当だったが、現在は約600億円相当に膨らんだ。」

「同社の債権者として届けたのは世界で2万人超。当初は総額263兆円の債権届け出があったが、管財人が精査した結果、456億円になったという。」


引用出典:ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル
URL:http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles%2FASK7B34Q7K7BUTIL00C.html&rm=452

さらに驚くことに↓↓↓

「企業破産で債権者は債権額の一部しか配当が得られないことが多いが、今回は「満額配当」になる可能性もある。」

「当時約3千万円相当のコインを預けていた関西地方の債権者は、配当を現金かコインのどちらで希望するかを尋ねる連絡を管財人から受け、将来の値上がりを見込んで「コイン希望」と答えた。」


引用出典:ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍:朝日新聞デジタル
URL:http://digital.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html?_requesturl=articles%2FASK7B34Q7K7BUTIL00C.html&rm=452

感想

感想

記事の続きによれば、倒産法により、債権者(被害者)が、仮想通貨ビットコインでの配当を希望したとしても、破綻時のレートで計算した債権額しか受け取れないといいます。
また、破産処理をコインでの「配当」は、事例がないと話しています。
債権者にとって最良の方法がとられることだけが一番ですが、まだまだ時間もかかるであろう裁判が続く間に、仮想通貨市場もどうかわるのか様子をみていくことになるのでしょう。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインが60万円突破し最高値更新|億万長者ノボグラッツ氏が1万ドル超え…

仮想通貨ビットコインは1カ月半ぶり最高額をたたきました。60万円台になり現在も保持中です。中国政府が最近実施…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 15828 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽