「ビットコインを実際に機能する通貨として利用される機会は爆発的に増加しつつあり、それは単なる小売業に限らないものとなってきている。」

「同じく秋葉原で展開するPM会社、Dualtap Property ManagementもCoincheckを介したビットコイン決済導入を発表している。」

引用出典:秋葉原でビットコイン決済の導入が加速
URL:https://jp.cointelegraph.com/news/japans-electronics-marketplace-starts-adopting-bitcoinjp/jp

家電や秋葉原に直接関係はありませんが、
株式会社リクルーメントライフスタイルが、
Airレジでのビットコイン決済受付を開始。
店舗として26万店を予定しているといいます。

また、最近ではメガネスーパーの導入報道があります。

メガネスーパーは7月10日から、仮想通貨「ビットコイン」による店舗決済の取り扱いをメガネスーパー全店舗で始める。
リクルートライフスタイルのPOS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」を活用する。海外で普及し始めた決済手法に対応し、訪日外国人向けの利便性を高める。

また、メガネスーパーの全店で利用可能とすると伝えており、現在の数は、その数334店。
誰の目にも大きなマーケットであるとうつりますね。

アキバに「ビックカメラ仮想通貨決済引き連れ」参入

6月22日、秋葉原電気街の中心地に「ビックカメラAKIBA」がグランドオープンした。5月31日に移転したソフマップ秋葉原本館のビルを再活用した総合店舗で、周辺に建つ5店のソフマップも同時にリニューアルしており、「AKIBAビックマップ」の名の下に総合的に展開している。
自作ショップの反応は穏やかで、おしなべて肯定的な声が多かった。あるショップは「総合的に取り扱うといっても、1階に薬や日用品、お酒を置いていて、スマホとパソコンは3階と4階ですから。我々と食い合わないので、こちら側にじゃんじゃん人を集めてほしいですね」と話す。

好意的なのは、
ビックカメラが普通の家電量販店と少し違う存在だと語っている点です。
また、ビックカメラの狙いは、外国人観光客や女性を取り込むというため、
アキバに新しい客層を呼んでくれればという期待も込められているようです。

「羽田や成田で人気の土産菓子も1階で販売する。仮想通貨の『ビットコイン』も使えるようにして、外国人観光客らにアピールしていく」(同社広報)
ビットコインは中国や欧米で普及している。為替の手数料が抑えられるため、外国人観光客の利用が期待できそうだ。

まとめ

関連するまとめ

ヨーロッパ最大の貿易港も実験に参加|仮想通貨の柱ブロックチェーン活用で物流も変わる!

巨大な貿易にも仮想通貨の技術であるブロックチェーンを活用し、物流における様々な面での実験を行うことが発表され…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2468 view

英国が仮想通貨技術で年金システムへ|EU脱退明暗を分けた陰ドイツと陽イギリス

英国は仮想通貨に対し柔軟であり、ブロックチェーンを活用した年金システムに着手しました!EU離脱後の英国は衰退…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1920 view

ビットコインをVISAプリペイドカードで利用するメリットは?!

ビットコインがVISAプリペイドカードへチャージ可能な「バンドルカード」の発売が発表されましたね。 ビットコ…

Rie Yamauchi / 2177 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽