東京の秋葉原は今はオタクの聖地として有名ですが、
もともとは、日本で最も有名な「電気街」と言われていました。

どちらで有名であっても秋葉原はやはり専門の聖地なのかもしれません。
秋葉原の店舗では仮想通貨ビットコイン決済導が増加しており、
「新たな時代」へと進んでいると報じられています。
仮想通貨ビットコイン決済導入で話題を爆発させたビックカメラも、
なんと電気街の競合たちの中に秋葉原支店をオープン。
しかも、秋葉原店ではビットコイン決済を導入。

家電の街がまた変わっているようです。

オタクの聖地は仮想通貨の街へ

「秋葉原には、コンピューター関連の商品から、ゲーム、家電製品、エンタメグッズに至るまで、様々な商品を取り扱う店舗が立ち並ぶ巨大なエリアだ。最近ではゲーマーにも人気の地域で、アニメや漫画などのサブカルチャーでも盛り上がる日本における主要都市の1つだ。」

「秋葉原はハイテクな電化製品を取り扱う店舗が多いことから日本人のみならず旅行者からも注目を集めており、ごく最近までは、店舗での支払い方法としては現金のみを取り扱う所が大半であった。しかし現在では、テクノロジーやガジェットなどで栄えた秋葉原において決済面でもハイテクな技術を求める声が多く、仮想通貨の導入を進めようとする動きがあるようだ。」

引用出典:秋葉原でビットコイン決済の導入が加速
URL;https://jp.cointelegraph.com/news/japans-electronics-marketplace-starts-adopting-bitcoinjp/jp

秋葉原のような場所で、仮想通貨が決済システムと進めば、
間違いなく急激な拡散になるというのは予想を裏切らないかもしれません。

もともと、コンピューター製品は豊富、ゲームも同様で、
オタクというのが正しいのか、
マニアである特別専門知識をもつ人までもが、訪れる場所です。

仮想通貨のようなITとも工学ともいえる暗号通貨への理解度も、
けっして低いとは考えにくく、
利用する人が増えると考えるのがシンプルです。

また、外国人も多く、すでに顧客の層を海外で見ているビックカメラが、
アキバに参入したのもいうまでもありません。

今現在、アキバで仮想通貨を受け付けている店舗は多くありませんが、
急激に増えているのは事実のようです。

※用語としてオタク・マニアは、
一般的に利用されている範囲での表示となります。

仮想通貨高騰はアキバに影響

仮想通貨の利用が拡大する中で、大ブレイクした記事は、
やはりビックカメラがビットフライヤーと提携して、
ビットコイン決済の受付を導入した時でしょうか。

その後、秋葉原のパソコンSHOPアークでは、
ビットコインと、日本発と言われた2ch発祥の
モナーコイン(オマエモナーで有名ですが)での決済を導入しました。

また、アキバに異変が起きたのは、
仮想通貨が高騰したために、マイニング(採掘)に関係するといわれる商品が、
秋葉原のショップで売れ続けていると報じられていました。
それが↓↓↓

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で目立っているのは、Radeon RX470緊急入荷のPOPだ。ASUSTeKの「ROG STRIX-RX470-O4G-GAMING」(税込み2万1980円)をはじめ、玄人志向やHIS、PowerColorのカードが「最終入荷!?」の文字とともに用意されている。
同店は「RX580/570が世界中で枯渇しているので、ならば旧世代をというニーズも高まっているんですよね。今回はそれなりの数量が入荷できましたが、POPにあるとおり、次も同じようにいくとは思っていません」と語る。
ドスパラ パーツ館は「もともとRadeon RX上位は仮想通貨のマイニングに向いていると言われていて、それ目的で購入する方はちょくちょくいらしたんですが、5月末に1ビットコインが30万円を突破したころから急増したんですよ。

「ビットコインを実際に機能する通貨として利用される機会は爆発的に増加しつつあり、それは単なる小売業に限らないものとなってきている。」

「同じく秋葉原で展開するPM会社、Dualtap Property ManagementもCoincheckを介したビットコイン決済導入を発表している。」

引用出典:秋葉原でビットコイン決済の導入が加速
URL:https://jp.cointelegraph.com/news/japans-electronics-marketplace-starts-adopting-bitcoinjp/jp

家電や秋葉原に直接関係はありませんが、
株式会社リクルーメントライフスタイルが、
Airレジでのビットコイン決済受付を開始。
店舗として26万店を予定しているといいます。

また、最近ではメガネスーパーの導入報道があります。

メガネスーパーは7月10日から、仮想通貨「ビットコイン」による店舗決済の取り扱いをメガネスーパー全店舗で始める。
リクルートライフスタイルのPOS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」を活用する。海外で普及し始めた決済手法に対応し、訪日外国人向けの利便性を高める。

また、メガネスーパーの全店で利用可能とすると伝えており、現在の数は、その数334店。
誰の目にも大きなマーケットであるとうつりますね。

関連するまとめ

仮想通貨の是非が分かれる米金融業界|リスクと犯罪の道具なのか、業績回復の希望の星か

アメリカの金融業界の仮想通貨への対応が二分されています。一方は「やるのは勝手だけど、あんな危ないのはウチでは…

鈴木まゆ子 / 6363 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。