2018年3月を目途にテストを開始しますが、「電子申請システム」だけではありません。
行政にもどんどん先端デジタル技術が投入されていくようです。
また、積水ハウスなどの民間企業でも実験が開始され、
宅配ボックス、賃貸住宅、株主投票にまでブロックチェーンが導入される見込みです。

行政はアナログであったからこそのメリットとデメリットもあります。
今後どのようにかわるのでしょうか。
ちらりと、マイナンバーについても触れていました。

日本総務省も仮想通貨の技術ブロックチェーン活用実験へ

総務省は仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンを活用し、政府の電子申請システムを刷新する。
According to Nikkei Asian Review, the Ministry of Internal Affairs and Communications, who oversees the Japanese administrative system and manages local governments, will test a blockchain-based system for processing government tenders in the fiscal year starting from this April through March 2018.

日経新聞によると、総務彼省は、2018年3月の活用を目指し、
この4月から始まる会計年度における政府の入札を処理するため
ブロックチェーンベースのシステムを実証実験します。

今年度中に実証実験に着手するとしており、
2018年に電子政府に向け「工程表」にまとめるとしています。
早い動きが本格化すると思われますね。

ブロックチェーンを導入し目指す行政の仕組みとは↓↓↓

ブロックチェーンは仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として知られるが、決済や履歴管理などが容易になり安全性も高いとされ、企業での応用例も急速に増えている。

まずは、
・国や自治体の「物品調達」「公共事業入札」等の申請手続きに適用
・各省庁や自治体で、「システムの一元化」による情報共有

そして情報の共有すること以外にも目指す(この後の★に効果を記載)
・行政のコスト削減と申請企業の省力化
・サイバー攻撃を受けにくい態勢

行政はいままで縦割りといわれており、
同じ国のシステム機関であってもヨコとの繋がりが弱く、
AにはAにしか聞いてもわからない、BのことはBに聞いてくださいという体制でした。
横への情報共有ができるようになると、「繋がる」または「連動」ということが可能になりうるわけです。

ブロックチェーンを活用することで、
システム一元化を実現しようとしています。

今さらかもしれませんが、
なぜただのIT化ではなく、皆がブロックチェーンの利用にこだわるのか。
簡単なブロックチェーンの仕組みをご紹介します。ご存じの方は読み飛ばしてくださいね。

導入にこだわる「ブロックチェーン」の仕組みと特徴

ブロックチェーンにも特徴があり、
全ての仮想通貨が同じブロックチェーンではありません。
ただし、主に下記の図が導入することでのイメージを掴みやすいかもしれません。↓↓↓

ブロックチェーンは仮想空間に集まった複数の参加者全員でお互いのやりとりを監視し、記録の改ざんが難しいのが特長。
データは暗号化され個人が特定されないのに加え、分散して管理セキュリティー面でも優れているとされる。
従来の決済などの取引にかかる運用コストの低減効果も期待される。

ブロックチェーンの利用領域の話しになりますが、
2016年から解説されていた
ブロックチェーン1.0~3.0という伝えかたは、
今になってようやく浸透しやすい環境になっているのかもしれません。

現在のブロックチェーンは、ご存じの通り「仮想通貨」で浸透しました。
その技術を第二段階である金融関係に導入、
そして第三段階にはライフスタイルに導入

おそらく金融分野には、以前より着手していることから(実装はこれから)、
すでにライフスタイルへの導入検証が始まっていますね。
例えば、保険やタクシーや不動産などは話題になりました。

日本行政がブロックチェーンを導入するメリット

★先に触れた行政の情報一元化のために導入した際に
結果がでると思われている一例は、

行政のコスト削減と申請企業の省力化
を記載しましたが、具体的には↓↓↓

いまの情報システムはサーバーで一元管理している。防御にコストがかかるうえ、リスクを考えて共有できる情報を限定せざるを得ないという。
新システムでは官民ともに効率化が図れる。例えば総務省がパソコンを入札で購入する場合、参加企業は申請書や税の納入証明書などを用意する必要がある。それぞれ窓口を訪れて入手するなどの手間がかかっていた。

関連するまとめ

投資家59%、消費者72%が「1年以内に仮想通貨買い増し」計画|最新調査結果2025…

SharePostの最新調査結果が報告されました。投資家の59%、消費者の72%が1年以内に仮想通貨を追加購…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4153 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。