「採掘(マイニング)」という方法で手に入れることができるのですが本来公平なはずの採掘について最近は特定の採掘者(マイナー)が一定の割合で効率的にコインを手にしているという情報があります。
今や採掘(マイニング)市場の公平性は保たれていないようです。元々、採掘(マイニング)にはハイスペックなマシン(PC)が必要ですから一般のユーザーはほぼ採掘できない状況でした。

ビットコインの採掘(マイニング)は、ハイスペックなパソコンが必要な為、もはや一般人は関与できないと言われています。
ビットコインの採掘(マイニング)は、ビットコインの発行を可能にしますが、一般人(初心者)が採掘をすることはもう無理なのでしょうか?

採掘(マイニング)を難しくしている理由とは?

ビットコインを『発掘』するのは、誰にでもできることです。
無料で配布されている『発掘プログラム』をコンピュータにインストールして、起動するだけ。
後は、コンピュータが延々、金脈を見つけるまで計算し続けます。
どんな計算をしているのかというと、
ある条件に合う数字を見つけるために、いろいろと数字を変えて計算するの繰り返しです。
また、見つけた数字が条件に合うかどうかは、他の人が簡単にチェックできるように、スマホでさえも計算できるようになっています。
コンピューターに自動処理させればいいなら簡単と思われるかもしれませんが、実はなかなかスムーズにはいきません。
報酬は計算処理作業というプロセスに対して支払われるのではなく、処理に成功したという結果に対して支払われるためです。
コンピューターの処理能力やソフトとの相性、作業のタイミングなどによって成功できるかは変わってきます。

そもそもビットコインの採掘(マイニング)は、本来誰にでもできる行為なのです。
ビットコインの発掘の為に、10分に1回出題される問題を考え、答えを見つけ出していくだけというもの。
こんな単純なことなのに、一般人が参加できないなんてどういうこと?と思いますよね?
しかし、マイニングは単にコンピューターに自動計算させておけば良いというものではなく、コンピューターの処理能力やソフトとの相性、作業タイミングにより、なかなかうまくいかないものなのです。
全てにおいてバッチリ合えば10分に1回だけ与えられる報酬を受けることができます。
この仕組みが採掘を難しくし、競争が激化している正体なんですね。
採掘には正確性やスピード、処理能力、タイミングが必要だということです。

採掘(マイニング)は一般人が参加するには割に合わない?

今のように世界中の人が興味を持ち、しかも、1ビットコインが10万円近くになっている状態では、パソコンショップで売っているようなコンピュータでは勝てなくなりました。
ビットコイン採掘専用のコンピュータまで開発されるようになり、何十万、何百万とするような高性能コンピュータで挑んでいます。
これだけお金をかけて得られるビットコインは、高値で取引されると言っても、元をとるのはだんだん難しくなっています。
趣味や興味でならやってみるのも面白いでしょうが、
本気でビットコインを『採掘』をしようとしても、全く採算に合いません。

さらに・・・2016年7月11日には、ビットコインの採掘報酬が半分になりました↓

ブロック(トランザクションデータの集合単位)を採掘する報酬が、25 bitcoinから12.5 bitcoinへと半分になった。
およそ4年に1度の頻度で実行され2100万ビットコイン以上が出回らないようにするということが明言されている。

今やビットコインの採掘(マイニング)は、高性能なコンピューターを何百万も保持し、たくさんの人によるチームワークで挑まなけばできないと言われています。
「PC何百万とチームワーク」と聞いただけで、個人がチャレンジするには無理があり、挑戦するだけ時間と労力の無駄になってしまうことは簡単に想像できてしまいますね。
採掘(マイニング)は、個人が遊び半分で挑むものではないことは分かります。
そして、2016年7月11日に、歴史上2回目の半減期を迎えました。
流通量が半減するということは、これから益々供給がカットされていくため、難しくて報酬が少ないマイニングは、儲けるというより、システムを安全な状態に維持していくという、サービス精神がなければやっていけない行為ですね。

採掘(マイニング)はどこまできている?実情とは?

①CPUからGPUへ

グラフィックボードにもCPU(正しくはGPU)がある。しかも採掘作業中にはモニタは必要ないから何もせず遊んでいるのです。それじゃGPUにも計算処理させようとなりました。そうなると必然的に処理能力が格段に上昇し今までのCPUのみの処理能力をはるかにしのぐ約800倍ものスピードを手に入れたわけです。

②GPUからFPGAへ

GPUの後に利用されたものはFPGAというチップでした。これはスパーコンピュータやMRIなど高度な演算処理を高速で行う場合に必要とされるチップであって「これならいけそう」と喜んだもののGPU登場!というときほどのパフォーマンスが得られず「まあ電気代は下がったかな」程度であまり普及しなかったようです。

③ASICデバイスが脚光を浴びる

2012年になるとASICデバイスが脚光を浴びるようになりFPGAを組み込んだマシンよりも100倍以上のスピードと電気代がさらに安く済むという良ことばかりのデバイスとなったのです。

採掘(マイニング)は、高性能なたくさんのPCが必要で、そのPCをフル稼働させるためには、電源を追加し冷却しなければなりません。
もし冷却をしなければ、PCが熱暴走してしまう為、エアコンや扇風機もフル稼働させる必要があります。
マイニングには莫大な経費(電気代)も掛かるのです。
2012年以降もビットコイン採掘のために、さまざまな競争が繰り広げられていますが、採掘の難しさと採算が取れないことに見切りをつけ、他の仮想通貨の採掘に力を入れている企業や団体も多いのが実情です。
果たして、ビットコインの採掘はこの先どこまで困難になっていくのでしょうか?

仮想通貨ニュース、勉強会、ビットコイン飲み会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@登録方法は、

スマホのLINEアプリを開き
←LINEアプリでQRコードを読み込むか

スマホのLINEでID検索は▼ 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホ直接リンクの方は↓

http://line.me/ti/p/%40coinnews

もしくは↓クリックしていただければ直接ORコードにとびますよ。  (←の出典でもコードにとびます)

関連するまとめ

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。