上記を確認すると、金がすでに確保されているとされています。
また倒産について記載されていますが、日本には会社法を含め、日本の法律が存在しています。日本との法律が異なるため、ここについては言及ができませんため、行動される場合はより確認をいただく必要はあるかと思われます。
こうしたケースの場合はどうなるのかなど、細かい質問もあるかと思います。

「Citigold」の関係者からの声明は下記にご紹介

Citigoldのマーク・リンチ最高経営責任者(CEO)は「これは金を買うためのまさに革新的で素晴らしい方法だ。誰もが金を安全に取引できるようになり、仮想通貨の価値提案も加わる」と話した。
グレゴリー・ブレイテンバック副社長は「完全透明性は絶対必要だ。有望なコインには何の価値提案や流動性もない単なる抜け殻に変わるものもある。顧客によく分かってもらえるようにするため、わが社のウォレット欄には金の売買証券契約と監査報告を掲載する」と語る。

公式ページには、顧客に対して情報を提供するとしており、
内容には、セキュリティ契約、また監査報告書を
ウォレットに記載すると伝えています。

CrGLDの開発者は、CrGLDの資産裏付けが安定的な相場につながり、仮想通貨にありがちな極端な相場変動をなくし、一方で投資家には金の「価格安全性」をもたらすと考えている。

早期採用者への特典

CryptoGLDの初回コイン発売は、投資家が金の現物価格でCrGLDを購入できる機会になる。
「わが社は、相場の急上昇が予想される取引所上場の前に投資家が購入できる機会を作りたい。CryptoGLDの早期採用者には100コイン購入ごとに5コインを無料提供する」
感想

感想

世界初の100%ゴールドバック暗号化をうたった「CryptoGLD(暗号金・暗号ゴールド)」という新しいカタチが誕生しましたね。
仮想通貨を軸とした商品はこれからも誕生しそうな予感がしますが、誰もがこの市場に価値を見出しているからかもしれません。
選択の自由度が増えてくることは市場そのものが活気にあふれてきます。
しかし、最終決断と責任は自己にあるということだけは十分注意してほしいと思われます。
よりよいマネープランを形成するために、リスクヘッジを忘れずに、相性がいい商品や方法を選ぶことが必要になりますね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

日銀〝中央銀行発行デジタル通貨について”レビュー公開|独自仮想通貨の発行は?その危険…

日本銀行が「中央銀行発行デジタル通貨について」レポートを公開しました。6ページの中に書かれていることが興味深…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7295 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html