着実な動きを時系列にご紹介いたします。
騒ぎ立てられずに、知っているものだけで育ててきたような印象を受けるかもしれませんね。
それでも上位にいつも座を維持し続けてきている強さもあるようです。
取り上げると、怒られるかもしれませんが、
以前より浮足立たない安定した成長をご紹介いたします。

古株のLitecoin(ライトコイン)生い立ち

マーケットでは、ほぼいつも上位4位に座っているLitecoinライトコイン

※週末にアップしています仮想通貨ランキングをご覧いただければ、
より順位の定着を確認いただけるかと思います。

2013年は、1LTCは、$3.63でした↓↓↓

当時、2015年夏。
まだ日本ではビットコインですら一部の人だけしか
仕組みを知ることが難しかったころです。
そのころのライトコインの説明はこう記されていました。↓↓↓

発行通貨はビットコインの4倍8400万枚と他の仮想通貨と比較しても発行量は多いです。
(リップルは1億XRPとなっているが本質的にちょっと違う)
ライトコインは元Googleのチャーリー・リーにより作られました。
ライトコインがビットコインと比べて大きく異なるのは以下の2点
・採掘はビットコインよりハードルが低い。
・取引時間が短い。

紹介されるときは、ビットコインは「金」
そして、ライトコインは写真の通りイメージを「銀」としていました。
少し過去記事を掘り出すと、懐かしく古くから存在する仮想通貨が、
まだここで守っているということに嬉しさを感じます。
当時は順位で言えば3位でした。
この後2015年夏頃でしょうか、イーサが誕生し、
2016年に爆破をして上昇したイーサが2位に浮上し、
リップルとライトコインがひとつ順位を下げているということになります。

元々どちらかと言うと、ライトコインはビットコインを
追い越して大きくなろうというよりも、
ビットコインのオープンソースコードの最適化として開始されました。

Litecoin(ライトコイン)ここ2,3か月間の動きが着実

浮き沈みをしながらと言うこともありますが、
仮想通貨市場全体の浮き沈みに「順応してきた」というイメージを与えるような気がします。
しかし、ここ最近は順調に上昇する線を描いており、
予測通りのきれいな上げ幅を伸ばしてきています。

2017年3月…$4.12

2017年5月…$15.56

2017年6月14日…$31.82

関連するまとめ

他の仮想通貨よりも発行量が一番高いライトコイン

リップルを抜き、上位に浮上したライトコイン。 他の仮想通貨よりも発行量が一番高いのが特徴です。 ある1つ…

松本のぶよし / 2282 view

仮想通貨Litecoin(ライトコイン)初ATM登場|スパム攻撃を受けても価格影響微…

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の初ATMが登場しました!仮想通貨市場に新しい新鮮な風がふきそうです…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2504 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽