最近仮想通貨を楽しんでみたい、試してみたいと思う方に、
ちょっと長くて読むのは面倒だという方、初心者さんむけでご紹介します。

ウォレットってナニ?

代表では、ビットコイン(bitcoin)などが有名ですが、
仮想通貨を保有するために必要な「ウォレット」って何?
現在でも、このウォレットを間違って知ってしまう方がいるようです。

ウォレットとは、その名の通り「お財布」です。
例えばですが、ほとんどの方はお金を保持するときにはお財布に入れていますね。
仮想通貨も同じように、“現物がなくても”保管や利用するときに「お財布」が必要なのです。
だれかに、仮想通貨を送金したり、逆に受け取ったりすることもあります。
こうしたことでも必要なのがお財布の役目を果たすウォレットがなければならないのです。

そして大事なのは、お財布も、他の人と共有したりしませんね、必ず自分のウォレットですよ。

いつ用意しておくの?
それはビットコインなどの仮想通貨を
受け取ったり購入する前に準備しておく必要があります。

ウォレットの勘違い

ご質問があった中で、そう思ってしまうのかと、改めて勘違いしやすいことをご紹介します。

ウオレットはお財布のようなものですし、送金したり受け取るにあたりアドレスなどが必要です。
このことより、アドレスを口座番号のようなもの。
そしてウォレットを銀行口座みたいなものと紹介されることがあります。
※アドレスはここでは触れません。

ここは、銀行口座ではなく→お財布と思っていただいたほうが、後々の勘違いを防げるのではないでしょうか。

それは、万一お財布となるアプリを削除してしまったり、なくしてしまったときのことです。
(詳しくは復元パスワードという言葉がでてきますが、今回はここは無しでお考えください)

銀行口座が書かれている通帳をなくしたというイメージになられるのか、なくしてしまったので「再発行してください」と言われることがあります。
たしかに通帳のようなものだと想像していると、申し出らるのかもしれませんね。
しかし、銀行口座ではありませんので、それは何もない状況では不可能です。

もしお財布を落とした場合はどうでしょうか。
再発行してください、もとにもどしてください。と、誰かに申請することができるのでしょうか。
どこにも申し出る場所はありませんね、交番に届いていないか確認することだけです。
あくまでも「自己責任」になります。

運が良ければ交番に届けられますが、それは運がよければの話になります。

ウォレットは「お財布」のような機能を果たすものとして覚えていると
トラブルにならないのではないでしょうか。

※復元パスワードやセキュリティ問題は後日ご紹介します。

ウォレットの種類

混乱するかもしれませんが、仮想通貨は専用のウォレットが存在しています。
ビットコインはビットコインのウォレット、
イーサリアムにはイーサリアムのウオレットというように。
ウォレットの種類もたくさんありますし、無料も有料もあります。

例えば、ビットコインのお財布でお話しますと、
「デスクトップウォレット」というパソコン上のお財布
「ウェブウォレット」という、Web上のお財布
「モバイルウォレット」という、持ち運びできちゃうスマートフォン上のお財布

また、あまりご利用になる人は少ないのですが、
高額もしくは長期利用しない保管などでお使いになることが多いのは、
「ペーパーウォレット」という“紙”に印刷されたお財布
「ハードウェアウォレット」という専用財布端末のお財布

関連するまとめ

非常識を常識に替えたビットコイン!「小学生でも分かる」安全性・管理者不在の運営は?

ビットコインは、通貨のように中央管理機関がないにも関わらず、通貨と同じくらいの信頼を得て、安全に取引されてい…

ねもとあい / 1212 view

5年後の就活は必須になるかもしれない仮想通貨技術の資格!世界と日本の教育の違いとは

まだまだ日本ではなじみの薄いビットコインやブロックチェーンをはじめとする仮想通貨技術ですが、これからの時代を…

ねもとあい / 2356 view

仮想通貨はもうなくならない?

仮想通貨が開発された今と今後は?

仮想通貨のmiracleさん / 792 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽