「ビットコインとは何か?」という疑問に対し、最も手取り早く理解する方法は実際に利用することだと考える。
これまで耳にしたことなかった人でも友人同士などでビットコインの体験ができる。そこに「ビットコインとは何か?」という疑問の答えがあるという。

ビットコインって何?と聞かれた時、「暗号通貨」や「ブロックチェーン」の話をすると、だいたいの人は興味を抱き、耳を傾けます。
しかし、実際にどういうものなのかを具体的に述べようと思うならば、詳細を語らず、実際に使ってみることが、ビットコインを知る上で、最も手っ取り早いということのようです。

使ってみる前の必要知識!ビットコイン取引所って何?何ができるの?

ビットコイン取引所とは、ビットコインを売買することができる取引所です。

お客様の円を売って、ビットコインを買うこともできれば、持っているビットコインを売って、円に替えることもできます。
ビットコインを購入・売却するには取引所が最も確実で簡単な方法です。
取引所は、為替・株価等と同様に利用者間が取引を行うため需要と供給の関係で価格が決定されるものです。
2014年初頭までは、Mt.Goxしか国内取引所はありませんでしたが、同取引所の閉鎖後に日本でも多くの取引所・販売所が開設されています。

ビットコインを最も簡単で確実に売買する方法が、「取引所」を利用することにあります。
円⇒ビットコイン、ビットコイン⇒円 相互売買ができる為、価格変動を利用して売買をすれば、ビットコインも株やFXのような感覚で売買できてしまうということです。
ちょっと面白そうではありませんか?
思わずビットコインを買ってみたくなりますよね。

ビットコインを実際に使う時に必要となる、お財布(ウェレット)とは?

ビットコインを保管したり、他人に送金するときにはウォレットをあらかじめ作成しておく必要があります。
ビットコインは電子データであるため、専用のビットコインウォレットに残高を記録する形で保有する。
ビットコインを保有するには、ビットコイン販売所で購入したり、友人に譲ってもらうなどして、自分のビットコインウォレット宛にビットコインを送付してもらう。
自分のビットコインウォレットに送付されたビットコインは、例えば「残高 10BTC」のように表示され、そのまま貯金しておくことも、支払目的などで誰かに送付することもできる。

ビットコインを短期で保有するのであれば、「取引所」を利用するのが、最も簡単で確実ですが、長期的な投資などの目的で保有する場合には、ビットコインのお財布(ウェレット)で管理をした方が便利だと言われています。残高チェックなどの管理もしやすいということですね。
しかし、ビットコインは世界中でサイバー犯罪が多発していることからも分かるように、狙われやすくなっています。
ウォレットで保有する場合は、盗まれないよう、より安全なウォレットを選ぶべきですね。

実際にビットコインを送ったり、受け取ったりするには?

ビットコインを送る場合は、送付先のビットコインアドレス(1Q4G2h9ooipkoUi9AWTnD8EmwaNErbq9ccのような自分のウォレットを特定するID)を直接入力するか、QRコードリーダーで送付先のアドレス情報を読み取る。
ビットコインを受取る場合は、自分のビットコインウォレットのビットコインアドレスを直接相手に伝えるか、QRコード表示をして相手に読み取ってもらい、ビットコインをそこに送付してもらうことになる。

ビットコインアドレスやQRコードという語句から、ビットコインが電子データで取引されるものだということが分かると思います。
心配なのはセキュリティ面ですが、ビットコインアドレスは英数字を組み合わせたものを羅列したものであることから、複雑になっており、見破られる確率も低く、それが取引の安全性を支える仕組みになっていると言えます。

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの歴史「誕生から停滞期と成長期」初心者向き

センセーショナルに登場したビットコインですが、日本ではマウントゴックス事件があり、負のイメージをつけたままで…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2455 view

NHK番組 仮想通貨

2013年からNHKでも取り上げられています。 今からでも勉強していきましょう。

なっちゃん / 1051 view

今さら聞けない!ビットコインで何ができるのか?やさしく解説します

最近では「ビットコイン」という言葉を聞いたことがないくらい、一般的になってきまたが、まだまだどんなものなのか…

ねもとあい / 559 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。