財務アナリストは、Amazonの株価とビットコインの最近のスパイクを綿密に見ていました。この2つの投資の類似点について詳しく説明しながら、なぜビットコインが何十年にもわたり最も収益性の高い取引機会の1つになるかもしれないと説明しています。

A financial analyst looked closely at the spikes in Amazon’s stock price and bitcoin recently.While detailing similarities between the two investments, he explains why bitcoin may be one of the most lucrative trading opportunities for decades.

教育コンサルタントとアナリストの顔をもつ
ゴードン・スコット氏が、
「Bitcoinは早いAmazonのように見える」という記事を公開しています。

デジタル通貨の取引が本当のリスクを抱えていることは事実ですが、今でもトレーダーにとって本当のチャンスがあります。

While it is true that trading digital currencies holds real risk, there is also a real opportunity for traders right now.

Bitcoinは、ドットコム時代にAmazon.com Inc.などのインターネット株を購入して以来、最も収益性の高い取引機会になるかもしれません。

Bitcoin may be the most lucrative trading opportunity since internet stocks such as Amazon.com Inc. in the dot-com era.

その根拠となる類似点や、仮想通貨のもつ特色についても触れていました。

Amazonと仮想通貨ビットコインの「類似点」

Amazonは、1997年5月に株式公開(IPO)を行い、1株当たり18ドルとなった。これは同社を約4億3,800万ドルで評価した。アマゾンの革新的なビジネスモデルを引用してスコットは、「投資家はアマゾンの株式価値を完全かつ正確に数値化することができなかった」と呼びかけた。

Amazon went public in May 1997 at $18 per share in an initial public offering (IPO) which valued the company at around $438 million .Citing Amazon’s groundbreaking business model, Scott recalled that “investors were not able to fully and accurately quantify Amazon share value at first.” In 1997, people knew that Amazon had a great idea but they still could not fully give a proper valuation to its shares, he detailed, noting that “consequently, investors had to guess at the company’s value.”

サプライチェーン管理ソフトウェアを使って単一のウェブサイトに合成された仮想本屋とファクトリーアウトレットモールを作成するというアイデアを分析するのが難しいのであれば、彼らを非難できますか?

Can you blame them if it was hard to analyze the idea of using supply-chain management software to create a virtual book warehouse and factory outlet mall synthesized into a single website?

私たちは、今現在Amzonを「普通に」あたりまえに利用しています。
ネット環境もあって当たり前の時代である今に生きているからです。

しかし、当初車庫からスタートしたベソス氏の考え方や、
店舗をもたない本屋ということに意味がわからなかったわけです。

理解することが難しいと感じる人がおおく評価することができませんでしたね。
よって、当初の評価はおそらく今を考えると低く正しい数値をとれなかった思われます。

下記が長年のアマゾンのチャートです↓↓↓
ちょうどオレンジの線を引いたところが、
今値があがる前のビットコインの8年目になるという時期に近い場所です。

Googleの検索「Amazonの株価」で開けます。

下記がビットコインのチャート。上昇する一歩手前がおなじラインになります。
確かに酷似していますね。

Amazonは、1997年5月に株式公開(IPO)を行い、1株当たり18ドルとなった。これは同社を約4億3,800万ドルで評価した。

Amazon went public in May 1997 at $18 per share in an initial public offering (IPO) which valued the company at around $438 million .

Amazonは公開後最初の2年間で6,000%以上増加しました。18年後、当時のピーク時の価格は今日比較で安く見えます。

Amazon rose more than 6,000% in its first two years after its public offering.18 years later the peak price from back then looks cheap by comparison today.

関連するまとめ

ドイツの公共料金をビットコイン払いで!ついに行政機関にも仮想通貨が浸透し始めた

ドイツのハノーファーにて、公共料金支払いがビットコイン払いOKになりました。 水道光熱費は現代の人間の生活…

すずきまゆこ / 1070 view

日銀〝中央銀行発行デジタル通貨について”レビュー公開|独自仮想通貨の発行は?その危険…

日本銀行が「中央銀行発行デジタル通貨について」レポートを公開しました。6ページの中に書かれていることが興味深…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3969 view

仮想通貨ビットコインのSegWit「83%」が合意!|ブロックサイズ拡張か

仮想通貨ビットコインが抱えている問題に対して、56企業の83%以上の合意が報じられています。ハッシュパワーは…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9205 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽